09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

日記275日目 


2007.10.31
Wed
07:45

 トリックオアトリート!
 甘い一瞬の死の弾丸とじわじわ苦しむ銀色のナイフ、どちらをお口に放りこみましょうか。
 めんどくさいのは嫌いなので、おすすめはトリートですが、どうしてもというならトリックだってかまいません。できれば10秒以内で!

10、9、8、7、6、5、4、3、2、1!

 はい、時間切れ、ならば貴方にトリックを!!
 銀のナイフをお口にいれて、ジャック・オ・ランタンのように皮ばかりにしてあげましょう。
 なあに、かなりずっーっと痛いだけです。後で蝋燭入れて飾ってあげますから、それではハッピーハロウィーン!!



 変なテンションを目指して、本当に変なテンションの文章になりました。
 銀のナイフって言ってますが、別にベルでもベルなじゃくてもかまいません。とにかく、ハロウィンを祝うような変なテンションで。
 私、あんまり行事ごとはしないので、ハロウィンになにかずばっ! っとやったりはしないと思います。
 うん。
 というか、さりげなくグロいのは、マフィアだからです。
 テンション高い剣帝様かもしれませんね。さあてさあて。

 しかし、実はスクを飴だらけにして髪の毛をベタつかすベルマモコンビや、ツナに「トリックオアトリート」言って「日本語で喋れ」とか言われる骸、ハロウィンを理解してないりょに必死に説明してなんとかお菓子をねだろうとする山本や、素で悪魔だから今更仮装しなくてもいけるといいつつテュルにお菓子やるシャマルなんかも考えてたんですが、結局こんなテンション。


 まあ、管理人らしいということで!!


10/29

16:55 テュールのスクアーロ溺愛ぶりが萌えました。テュール父が大好きです!
ありがとうございます!!
 でも、溺愛しすぎてイっちゃってるところが多々あるのでお気をつけて……テュルと管理人は簡単に止まらないのです。


10/30
9:09 人妻大好きなんでもっとやっちゃってくださいw
応援の声が!?
 いっいいんですか!? 調子にのっちゃいますよ!?
 のっちゃいますからね!!(止まれ)


18:57 レッツ暗殺!?十代目を狙え!を買いますか?
お金しだいです。
 現在金欠なので、買う予定はないのですが……でも、ザンスクとか色々して遊べるみたいなので、すごく気になります……だっ誰かプレイ感想を!!
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記274日目 


2007.10.30
Tue
06:52

 美しい化け物は言いました。

「二人の結婚を認めてもいいよ。ただし、最初の子どもは私がもらうからね?」

「でないと、認めない。
 何をしても邪魔をする。私から逃げようが私を殺そうが私を無視しようが、私が認めなければどうなのか、スクアーロ、お前は一番わかっているよね?」

「大丈夫、誰にも気づかせないようにしてあげるから。これは私とお前とだけの約束だ。子どもは死んだことにすればいい。そういう工作は、ヴァリアーの誰一人にも気づかせない工作は得意だからね。
 お前を失った私がお前に似た子どもを養子にとっても、誰も不思議には思わないさ。
 あのクソガキと、家光のガキの超直感は厄介だけど、遠ざければいいさ。理由なんていくらでも用意できる」


 だから、ちょうだい?


 美しい化け物は美しく笑い、無邪気な子どものように囁いた。
 化け物の娘は顔を歪めて、歪めて、薬指を見下ろす。
 
「……俺に似てねえかもしれねえぞお」
「いいや、似てるよ」
「なんでわかるんだあ」
「私には、わかる」
「化け物」
「違うだろ、スクアーロ。お前が呟く言葉はSì volentieriだろ?」
「………拒絶は、ねえってか?あ」
「するのかい?」

 化け物の娘は、小さく小さく頷いた。
 幸せになりたいと頷いた。



 美しい化け物がやってくる。白い化け物がやってくる。
 その前に、子どもは殺さなくてはいけなかった。
 母親は、生まれたばかりの赤子の首に手をかける。小さな、脆い首だった。少し絞めれば、力を込めれば死んでしまう命。
 産みたかった、育てて、愛して、慈しみたかった。けれど、それはできない。本来は、産み落とすこととて、なかったはずなのに。
 ブルブルと震える手に、力が入らない。
 この赤子の先を考えれば、ここで殺してあげなければいけなかった。そう、この赤子のためにも、化け物が迎えに来る前に、殺してあげなければいけない。

「うう……」

 ガチガチと、食いしばったはずの歯が鳴る。これくらいの赤子とて、何度だって、何人だって、殺してきたはずなのに。
 ああ、化け物が迎えに来てしまう。赤子を連れにきてしまう。それまでに、殺してあげなければいけないのに。
 それなのに、赤子は温かかった。無邪気だった。母親を無条件に無邪気に信じきって、愛らしく眠っている。これかあ、母親に殺されるか、化け物に奪われるというのに、なんの不安もなくスヤスヤと。 

「うううううう……」

 いまだ名も無き赤子。
 名をつけられることのない赤子。
 父に抱かれることなく、化け物に食われる赤子。

「うううううううう……!」

 母親は、泣きながら赤子を抱きしめた。
 化け物の影は、すぐ扉の前に。



 お義父さんはひどい人だよっと定期的に思い出させるのが好きです(おい)
 人妻萌えのせいで、しょっちゅうスクがにょたです。すみません、でも、人妻ダイスキなんです。すみません。
 注意いれておこうかな。
 うーん、あー……諦めてくだs(撲殺)
 とりあえず、ザンスク前提にしようかと本当は赤子が小さな炎を見せて殺せなかったというのを最初は書いていたんですが、あえて誰かわからなくすることで、CPの幅を広げてみました。無駄に。
 ちなみに、スクは子どものためを思って、産む気もなかったのに、なんかできちゃって、できてもこっそりおろそうとしたら、周りにあっという間に気づかれちゃって、大事にされて、何度も流産しようと色々したけど、結局産んじゃったとかいうかなりきっついことがありました。
 きっと、子どもは化け物にさらわれて育つんですよ。
 でも、子育てはなぜかシャマルが8割やったような(そこでテュシャマテュかよ)おかげで、シャマルは「お母さん」とかいうものすごいおかしい誤解をされてるんですよ。化け物に育てられたから、人形のような化け物のような子に育っちゃって。
 でもって、将来的に自分の弟にあって弟に一目惚れ。一生の忠誠を誓うとか、お母さん見てられない!! みたいな物語が……。
 いやいやいや、落ち着くんだ。
 次世代ネタが好きすぎる。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記273日目 


2007.10.29
Mon
18:01

 彼の主は、彼を手に入れれば安心できると思った。
 自分のモノだと、誰もがしれば、なにも悩まずにすむと思っていた。
 しかし、実際はどうだ。

「男って、他人のものの方が燃えるのよね……本能かしら?」

 ただ、ライバルが増えただけだった。



 人妻大人気><
 というか、スクは人妻になってからの方が前よりモテ始めたと思います。
 今までなにも思ってなかった隊員も、うっかり色香に

「スクアーロ様って、なんか、最近よくないか?」
「なっなんだよ、いきなり」
「ここだけの話だって!!」
「そっそりゃ、なんか色っぽく……」
「あの長い髪とすれ違うと、いい匂いが……」
「でも、ボスのだぜ?」
「だよな」
「ああ……」

 というような会話がなされているように決まっています。
 跳馬からのアプローチも激しさを増し、ついにはベルも参戦……!!
 まったく安心でいないボスは、心労からあんな表紙でちょっとぐったりした大人の色気を放っているんですよ!!
 うん。



 色々、ごめんなさい。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記272日目 


2007.10.28
Sun
07:52

 山本は(以下略)女の子だ。
 俺もそうそう長いセリフを言うのは疲れる。
 そして、今隣にいる笹川先輩は、そんな山本の異常な愛を注がれる想い人でありながら、それを髪の毛の先ほども気づいていない鈍いとか、そんなものを超越した人だ。
 いつもは勧誘のために俺に話しかけるけど、なんだか今日はいつもと雰囲気が違った。勧誘はするにはしたものの、どうにもいつもの熱さや勢いが弱いように思える。
 そういえば京子ちゃんも、最近ちょっと元気が無いとか、晩御飯をおかわりする回数が少なくなったと聞いたような気がした。
 どうしたんだろう。もしかして病気だろうか?
 でも、笹川先輩がかかるような病気じゃあ、学校は全滅するから違うだろう。
 しばらく、熱いボクシングの話を語り続ける笹川先輩に適当に相槌を打ちつつ話の隙をついて(この隙だって、普段の先輩なら無い)切り出した。

「先輩、最近元気がないそうですが、どうかしたんですか?」
「ん? 俺はいつでも極限元気だぞ? なぜなら俺にはボクシングガ……」
「でも」

 熱い語りをなんとか遮る。

「京子ちゃんも、心配してました」

 京子ちゃんの言葉に反応したのだろう、先輩は口を閉じて、少し俯いた。
 先輩らしくない仕草に、なにか嫌な予感がした。
 まさか……山本がまたなにか……山本は先輩のこととなると周りが見えなくなり暴走するという前科が大量にある。俺は冷や汗をだらだらたらしながら先輩の言葉に耳を傾けた。
 犯罪だけはしてないといいんだけれど。

「最近、差し入れがあるんだ」
「さし……いれ?」
「ああ、差し入れ自体はうまいしな。俺も部活の後は極限に腹が減っているからありがたいとは思う」

 なるほど、晩御飯のおかわりの回数が減ったのはそのせいか。けれどそれは、ちょっとした不気味さや匿名さを抜けば先輩が言うようにありがたいことだった。
 変なものが入っているんじゃ……っと一瞬考えたが、先輩の口調から違うだとうと判断する。

「ただ」
「ただ?」


「俺の着替えや置いていた鞄の中身がいくつか、そのたびに、消えているんだ」


 や ま も と ! !
 俺は心の中で叫んだ。
 な、なにをしているんだとかそういう次元を超えている。窃盗は犯罪だ。
 しかも、鞄の中身ならともかく、着替えって、着替えって。そういえば、先輩が寒いのに上着ナシで走っていたけれど、もしかしたらあれは鍛えてるんじゃなくて、盗まれていた……?

「心配すると思って京子にも誰にもまだ言ってないのだが……ん、沢田、どうした? 急に倒れて」
「ナンデモナイデス……」
「そうか、まあ、今度、極限に捕まえようと思っているんだが「だめだめだめだめだめです!!」
「?」
「えっとあー……あの、俺、ちょっと、心当たりがありまして」
「なに!?」
「そいつも、悪気があったわけじゃないと思うんです。ちょっと、好意が空回りしてるだけなんだと思うんです……ほら、お弁当、おいしかったでしょ?」
「うむ、うまかったぞ」
「その……盗ったものは返させますし、これ以上はしないように言っておくので……見逃してやってくれませんか?」

 じっと、先輩が俺の目を見る。
 この目は苦手だ。あまりにも、あまりにもまっすぐ俺を見る。

「……なるほど、ならば沢田に免じて極限に不本意だが、見逃そう!」
「ありがとうございます……ところで」
「ん?」
「お弁当って、お寿司じゃないですか……」
「……なぜ知ってるんだ?」



「山本! 山本!! 出しなさい!!」
「つっつな!! 違う、違うのな!! 最初は先輩のいつも使ってるものが一つほしかっただけなのな!! でも、先輩の匂いが……!!」
「言い訳はいいから!! いいから出しなさい!!」
「あー!!」



 俺のにょた本への熱いリビトーが煮えたぎりました。
 某神のやまもーメイドは私へのにょた本だと判断しましt(違う)
 いや、女装ですがね。あらぶるやまもがにょた本を髣髴させて我慢できず。
 やばいやばい山りょやばい。
 どれくらいやばいかというと(以下略)
 そして、にょた本はあらか様な犯罪者です。暴行未遂に自殺未遂、ついに窃盗犯です。異物混入はしてないと思いますが、気をつけましょう。
 ちなみに、にょた本は、おまじないとか、乙女的に先輩がいつも使ってるものが……っと最初は思っていたはずなのに、先輩の匂いにやられて上着とかシャツとかハァハァ言いながら盗んでいきました。さすがに下はやめたらしいです。いや、でも、下着はあやs(マテ)
 私は、にょた本をどう思っているのでしょうか。
 いや、きっと、山本も私の中ではしないだけで、頭の中はそんなことぐちゃぐちゃ考えていると思います。
「先輩の汗まみれのシャツほしい……!!」
 とか。
 青春は暴走だ。暴走過ぎる。


 私の青春は過ぎ去ったのに、暴走しすぎだ。
 これはあれですね、今日まさにテュルアンソロが発売されるので、そのテンションですね。
 やばい。やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい!!
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

会話形式バトン 


2007.10.27
Sat
07:51

 ツミ様からいただきました!!
 なんというか、こう、ネタを思いついたら言わずにはいられない体質なので、ネタだらけです!
 今、躁がキタ!
 とりあえず、バトン回答形式として、せとバクを前提にやってみたいと思います!!
 他のサイト様で見たCP前提なのが楽しかったので。

※指定に対して、キャラとの対談形式で回答指定してください。

★キャスト
自分の名前→命黙
 本当はメイモクじゃなくて、イノチ ダマ という名前なんですよっというのは真っ赤な嘘。メイモクです。
 まあ、虫です。
指定されたキャラの名前→社長。
 なんの社長か明言されてないので、日本ブレイク工業の社長でもいいんですよね。なんてことは言わず普通に遊戯王の社長です。
-- 続きを読む --

category: バトン

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記271日目 


2007.10.27
Sat
07:25

 私の心臓はあの子だよ。

 そう化け物があったので、「臓器は独立歩行できない」と言ってやった。
 殺されかけたが、最高のジョークだと思ってる。



 たまには、シャマルがちょっとお義父さんより優位というか、お義父さんをからかう側もっと思って微妙に。
 微妙すぎる。
 臓器は独立歩行できませんよね。HAHAHAAHAHAHA。

 あわわわわ、私なんぞの小説がのったテュルアンソロが明日発売ですよ、先生。
 だめだ、明日なにかの不備で私のページだけごっそり消失マジックのように消えうせるように祈らなくては!!
 むしろ、印刷段階で印刷の人が私の部分をゴミだと気づいてくれて捨ててくれたように祈るんだ!!
 あうあうあうあうあ。
 もっもう、オフには手を出さないよ、チャーリー(誰だ)
 王バクアンソロの執筆者募集がまだ打ち切られてないけど、手は出さないよ。
 ほんとだよ!! ほんとだよ!! ジェニファー!!(誰だ)
 麻倉さんにオフに誘われてるけど、それはいろはをおすすめしておくよ!!
 いろはと麻倉さんの合同誌なんて……合同誌なんて……ちょっと買占めにいってきます
 はっ!! 妄想だけでイベント会場へいって妄想だけで、ここにおいてあるの全部くださいって言ってました!!(マテ)
 危ない危ない(本気で危ないよ)
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記270日目 


2007.10.26
Fri
12:55

 赤い瞳の父に聞こうと思ったが、聞く前に「知るか」っと言われたので銀の瞳の母に聞いてみた。
 母はエプロンにトマトを持って長い長い、ぶらさがれそうなほど長い前髪をうっとおしそうにかきあげて答えた。

「どうして、人を殺しちゃいけないの?」
「別に人を殺すことがいけないことじゃねえんだよお。どっかの誰かにとって殺しちゃいけない人間がいるだけなんだあ」

 父も母も血の匂いをたっぷりまとってたから、なんだかちょっとだけ納得した。
 その日のトマトパスタもすごくおいしかったです。



 どうして人を殺しちゃいけないの?
 とくれば、私としては「種の保存のため」といいます。
 本能的に生き物は固体を増やし繁殖させようと思っているので、それを無為に減らすという行為は本能に逆らっているんですよね。
 うん。
 とりあえず、人妻とくると、どうしても子どもを捏造したくなる管理人です。
 捏造っていいなあ。捏造がステキだ。捏造する余地のある世界ってすばらしい。
 そして、誰との子どもかなんて、はははは……ふぅ。


 無駄に変な笑い声で笑いたくなります。
 ヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ。
 怪しいから、リアルではやめておきます。

 今日読んだ小説で人妻妄想したら元気になりました!
 元気だ!!

 拍手レス
10/26

7:45 未来スクの人妻的色気のせいでスクファンの男性が増えてい る
さすがスク!!
 ターゲットは老若男女問わずどころかリアルにまで侵食してくるとは!!
 あらゆるCPの旦那様は大変ですね><
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記269日目 


2007.10.24
Wed
20:29

 先輩、手、繋ぎませんか?
なぜだ?
 なぜだって……嫌ですか?
む、別に嫌ではないぞ。
 じゃあ、繋ぎましょう。
よし、では手を出せ。
 はい。
震えてるぞ。
 寒いんです。だから、できるだけ強く握ってください。
ああ。
 ……先輩、あの。
なんだ?
 俺、ずっと、中学生の頃から言いたかったことがあるんです。
ずいぶんと長いな。
 ええ、ずっと、言えなかったんです。
そうなのか。
 そうです。聞いてくれます?
うむ、俺はいつでも極限に聞くぞ!
 ありがとうございます。えっと、その。
うむ。
 好きです。
そうか。
 そうです。
それで?
 あ、いや、それだけです。というか、先輩こそ、それだけですか?
なにかおかしいか?
 別におかしくないですけどー、えーっと、じゃあ、俺と付き合いませんか?
なぜだ?
 なぜだって……先輩、俺のこと嫌いですか?
いや?
 ああ、じゃあ、付き合いましょう。嫌いじゃないのに手を繋いだら家族以外は付き合わないといけないんです。
おお、そうなのか、初めて知ったぞ。
 俺も始めて考えました。というわけで付き合いましょう。


「というわけで、俺と先輩付き合うことになったのな!!」
「もう、随所のツッコミはやめて、本当のツッコミどころもおいといて、もう学校卒業したんだから、先輩やめれば?」
「だよな。ステップアップして、笹川さんって呼ぶことにする」
「それ、できてるの?」



 山りょって、10年後くらいにこんな感じで付き合うんじゃないのかって妄想したら、私だけ萌えました。
 あくまで私だけです。他はおいてけぼり。
 というか、やまもーは10年後くらいには結構嘘吐きになってると重います。というか、山本って実は結構嘘つきなんじゃないかと疑ってもみてます。
 あの笑顔で嘘つかれたら最強だなっとボツボツ思ってみたり。あの笑顔じゃあ、まったくヘタクソでも、信じるべきですよね。
 そして、ツナ、ツッコミ放棄。
 もう10年もツッコミやってたら疲れました。好き放題してくださいって感じで。
 手、つないだのは始めてだけど、キスはもうしてると更に萌えます。というか、某神を見て萌えました恋する→10年後→キス→手をつなぐ→10年→やっとゴールくらいのすごいアレなペースだと激しく萌えます。
 管理人はすごく童話に置き換えるのが好きなんですが、山りょはきっと、猟師を切り殺しても狼の腹の中にいたい赤頭巾ちゃんじゃないかとフツフツ。
 ちなみに、スクは人魚姫かラプンツェラ、テュルは美女と野獣とか、まあ、そんな感じで。
 骸は……パス(ぇー)


 関係ないですが、耳が痛すぎて口を大きく開けられません。
 中耳炎でしょうか?
 耳かきしすぎが原因だと思います。
 病院行くべきか……。

拍手レス

10/24

23:28 人妻に萌えられるようになると大人の証拠らしいですねvテュスクの人妻話、素晴らしかったです。男だったら
じゃあ、私もこれで大人の仲間いりですね!!(黙れ20代)
 しかし、テュスクの人妻がいいとおっしゃられる方がいらっしゃられるなんて……「管理人ふざけんな、期待しただろ!!」とか怒られるかと思ってました……ありがとうございます。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

どうでもいいことに気づいた 


2007.10.24
Wed
17:37

 タイトルまんまです。
-- 続きを読む --

category: ネタ・コラ・替え歌

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記268日目 


2007.10.24
Wed
13:03

 スクアーロはそれまで義父というものが存在した。
 しかし、その義父すら急にいなくなってしまった。
 理由は簡単、スクアーロ自身のせいだ。
 スクアーロと、そして義父が同じことを願い、同じ目的の先に、義父は消えた。
 それこそ、永遠に義父という存在はいなくなってしまったのだ。それを寂しいとはスクアーロはちっとも思わない。
 元々義父とは義理であっても親子という感覚がとてつもなく薄かったし、義理という称号もほとんど名乗りの上だけのものでしかなった。
 そんな関係であったから、恐らくスクアーロの義父という存在はいなくなったのだろう。
 だから、変わらない。なにも、そう、何か一つ、二つ程度しか変わらないのだ。


 スクアーロは、それをただ、少しわずらわしく思うだけ。
 

「う゛お゛ぉ゛い、親父!! 起きろお!! おきやがれこの野郎!!」
「起きてるよ」
「んなもん気配で知ってる!! 俺は起き上がれっつってんだああ!! 朝飯食え!!」
「ベッドで一緒にとろうか」
「ベッドが汚れるだろうがあ!! てめえクズボロボロ落とすだろ!! いくつだ!!」
「さあ? 30より先は数えてなくてね……わかった、起きるから、無視して部屋をでていかないでおくれ」
「とっととしろお!!」
「スクアーロがキスしてくれれば一発で起きるのにな」
「寝言は寝てから言いやがれえ!!」
「起きてるよ」
「………」
「だから、無視して出て行こうとしないでほしいね。私はこう見えてもお前との会話を楽しみたいのだから」
「クソ親父と喋る口はねえ!!」

 怒鳴るスクアーロに、彼はふと、気づいたような顔をした。

「そうそう、その親父はもうやめなさいって言ってるだろ?」
「うるせえ、舌に馴染んでるんだよ」
「まったく、私のかわいい奥さんはいつになったら「あ・な・たv」って呼んでくれるのか……」
「一生こねえよ!!」

 そうして、スクアーロは変わったことの一つとして「テュール」と名を呼び、嫌そうに顔を歪めながら、二つ目の変わったこととして彼の口付けを受け入れるのだった。

「とっとと食えよお、俺はボスに呼ばれてるんだからなあ」

 彼は、そう聞いた瞬間、にっこり笑ってスクアーロとともにベットにダイヴした。



 人妻的魅力と聞いて思い出したのは、銀の未亡人ですこんにちは(死ね!!)
 だって、銀の未亡人のスクは人妻ですから。あっ見てない方、ネタがわからなくて申し訳ないです。
 テュルが生きててスクが未亡人にならなかったら、まあ、こんな感じでボツボツほのぼのしてたような。しなかったような。
 ちなみに、いなくなったというのは結婚したから義父じゃなくなったという意味です。養子から外さないと結婚できませんから。わかりにくい書き方してすみません。
 別に、ボスの人妻なんて誰も言ってないしね>< 剣帝の人妻だったらどうするんですかっと、気づけばこれってもしかしてナチュラルににょたスクですか? すみません……。
 シャマルが出ないなんて久々だぜ! とか思ってませんよ、別に。
 もしかしたら、この新婚家庭にシャマルもなんでか住んでる可能性もあるのですから!!
 とりあえず、ボスがかわいそうですね。すみません……。
 いや、ちゃんとわかってますよ!!
 あの本誌のスクの人妻っぷりはボスの奥さんだから出てるって(ちげえよ!!)

 はっ!! 色々とおいといて、まともなテュスク書いたのも久しぶりでした!!
 なんてこったい!!


 人妻萌えと山りょ萌えが交互にきててやばいです。
 これで、10年後シャマとか出て、しかもちょうだんでぃだったら、三つ巴されるんで、シャマはもうちょっと、かなりしばらく出ないでほしいです。
 


20:38 正スク読んでみたいです。ぜひ書いて下さい!!
そっそのうちがんばります!!
 でも、そうするとスクが必ずミルフィスクになるんですよね!!
 ミルフィスクでもOKならよんでやってくださいませ。


23:31 日記読みました、キツい意見にもきちんと対応されていて凄く立派だと思いますよ→
いや、全然きちんとじゃないですよ!!
 見たとおり、管理人はすごい頭よくないんで、自分のできることでていっぱいなだけです!! クールというよりも、KOOLですから!!(おい)
 でも、他人の意見を受け入れられない人って、本当に困りますよね……。他人にも自分にも迷惑をかけてしまう、哀しいことです。
 私も無意識にそんなことをしてしまうので、がんばってやっていきたいと思います!!

 メルフォですか……うーん、考えてみます!!
 ちょっと色々探したりして時間はかかると思いますが……一応、メアドも最初にに乗せてるのですがね……やっぱり、そういうのの方が送りやすいですよね……。


1:56 三十路の色気は確かにヤバいですよねvスクに興味なかった友達がスク総受にハマりましたw
おっ恐るべし人妻の色気!!
 あんな色っぽい人妻じゃ、ボスも気が気でないでしょうね……。
 とりあえず、ベルが間男ポジションを狙ってるみたいですが! ボス、がんばれ!!


7:15 三十路スクを見て、スクアーロって可愛いなと言い出した人妻モノのAV好きのうちの兄もダメ男の仲間に
ようこそダメ男の世界へ!!
 男もメロメロにするさすがの人妻の魅力……!!
 本当に、お前はどこまで人を惑わす気ですか!! ボスにおしおきされますよ><


14:13質問なのですが女装企画はどうなったんでしょうか?
現在、ちょっと凍結中のような感じです。
 ご一緒されてるお二人が休止っぽいので、そちらがなんとかなったらまた私ものっそり動き出す予定です。
 長い目で見守ってやってください。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

思い出したぜ! 


2007.10.23
Tue
18:04

 そうだそうだそうだよ!!
 思い出した思い出した思い出した!!
 俺、愛すべきバカも好きだけどさ。


 ダメ男が大好物だったんだよ!!


 攻めは皆ダメ男が好きなんだよ。
 そうだ。
 ボスが好きな理由もツナが好きな理由も雲雀が好きな理由も王様が好きな理由もダメ男だからだよ!!
 山本と社長はちょっと別ベクトルだけど。シャマルとテュルはかなり近いダメ男!
 ジャンル超えれば口ボクロもタカシもあの片目も(あえて隠す)皆ダメ男だよ!!
 そうそうそうそうそう、ダメ男最高!!
 だめ男!
 受けを殴るダメ男!
 一人じゃお前絶対生きていけないだろうってダメ男!
 受けに依存しまくって強い癖に、強がってるくせに精神的にこきゃっといくようなダメ男!!
 受けのヒモのようなダメ男!
 絶対は働かないだろお前! みたいなマダオがさ!
 ダメ男×愛すべきバカとかほんと最高だぜ。
  

 
 ちょっと感動したので、文章として残してみる。
 たぶん、明日には消えてます。
 秋はだめな季節だなー、HAHAHA。

category: 未分類

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記267日目 


2007.10.23
Tue
07:36

 ニッポンのチャンスの神様は前髪が長くて後ろ髪がないとか。
 それは、早く掴まないと通り過ぎた後は何もつかめないという暗喩らしい。
 よくわかんない。 

 まあ、そんなことはおいといて、うちのバカ鮫はその神様と前髪も後ろ髪も長くなっちゃって、掴みやすいんだけど、あれはボスがつかみやすいようになのかな?
 昔昔、俺が小さい頃、まだスクアーロの髪が短かった頃、ボスがスクアーロを掴み損ねちゃったから。
 あの前しか見ず、誰も彼もおいてけぼりで走っていくスクアーロの後ろ髪。俺もボスもじっと、見ているだけだった。
 でも、あれだけ掴むところがあれば、そりゃいくら不器用なボスでも、一束くらいつかめるよね。
 そうしたら、俺にも一束くらいつかませてくれるだろうか。あれだけあるんだから、一束くらい、いいよね?
 俺だって、あの時掴み損ねたんだから。



 スクは三十路になってつかみやすくなったよっというような。
 年取って丸くなかったという表現はよく使いますが、年取ってつかみやすくなったって、なんかおかしいですね。
 でも、スクは柔らかくなっても丸くはならないだろうなっと、いや、精神面な話で。きっと、年をとるごとに鋭く、切れ味も精錬されていくのだろうと。
 そんな感じを伝えたかったのに、文才がないせいで失敗しました……。
 あれだけあるんだから、ヴァリアー全員分くらいは掴ませてあげて(マテ)


 まあ、色々言いたいことはあるんですが……まず、全身全霊を込めて一言。


 三十路の色気やべえ。


 やべえええええ、鮫美人だ!! かっこいい!! 色っぽい、というか、艶っぽいと言うか、確実にフェロモン大放出してやがる!!
 やばいやばいやばい、あんな刺激物、中学生に見せちゃだめ><
 モザイクとかしろよ!! あれはR-18だろ!!(落ち着け)
 くそう、きっとボスとかに色々してもらってるんだろ!! 充実した顔しやがって!!
 もう気負うものも、ボスのことで苦しむこともなく、らぶらぶしてやがるんだろ!! そういう顔だ!!(違うよ、全然違うよ、気のせい) 
 しかし、なんというか、服とあいまって妙にヴィジュアル系になってしまっているような……。あの、愛おしい、こう、かわいい、バカ面が少ないような……。それが少し残念です。
 後、ベルが、どう見てもディーノさんです。本当にありがとうございました。キャラ被りはやばいよやばいよー。どっちも金髪だし、やばいよー(落ち着け)
 あっそういえば、もう一つ。


 どくりょもかわいいよ。かわいいよ。


 お兄さん……!!
 もっとも一番そのまんまかっこよく成長しちゃって……!!
 山本の目が熱いじゃないか!!
 もう、ビシビシかっこよさに凝視だよ!! スクは嬉しそうに見てたけど、りょの相変わらずさに思わず真顔で見つめやがって!(全部お前の妄想で、勘違いだから)
 でも、ちょっと頭よさそうになっててがっくりです。やっぱりなあ、愛すべきバカじゃないとなあ……。
 私はきっと、愛すべきバカが好きなんだと思います……。


 関係ないけど、正チャンもなんか妙に色っぽくてかわいいと思いました。
 正スクかきt(撲殺)


 閑話休題。
 最近、厳しい拍手多いのではないかと色々な人に心配していただきました……。
 私自身は結構平気なのですが……とりあえず、当面の対処策として、「命黙は素は口悪いから、厳しい言葉がきたら、厳しい言葉で返せばいいんじゃないか? かな?」っと、いう案をいただいたので、厳しいかなー? っと判断したらそうすることにします。
 コメントいただける自体、私にはすごく嬉しくて、なんにしろ、ご意見をいただくということは私のためであり、サイトを見ていただいているということに繋がるので、いいと思うのですが……。
 まあ、しかし、やっぱり、悪口言うなれば、悪口を言われる覚悟を、厳しい言葉を言うならば、自分も厳しい言葉を言われる覚悟でいかなきゃいけませんよね……うん。それで口げんかとかになったら嫌ですが、がんばります。

 ちなみに、最もだ!! っと思った意見はすばやくがんばってサイトに伝達できるようにしています!
 リボサイトはメモ帖で管理してないからめんどくさ……っと思わず、がんばってなんとかリボサイトを色々いじってきました!
 色々加筆習性削除。


拍手レス
10/22

16:29 未来鮫のエロ衝撃で死にそうです…。
私も死にそうであります。
 鮫のおかげで呼吸困難と顔の弛緩がやまず、犯罪者です。
 なっなしてあんなに色っぽいんでしょう!! ありえないでしょう!! 表紙に出たときよりも若々しく美人になってますよ!? 本当に三十路!?


18:59 そろそろザンスク及びスク受の話が読みたいのですが…
もっ申し訳ないです;; 
 でも、管理人も人間ですから、書きたいものをついつい書いてしまいます……。
 もうちょっと、日記の短文の方でザンスクのようなものを書きますので、おまちを!!


23:32 最近、山了とテュシャマばかりですがザンスクや山スクは更新されないのですか?
元々ザンスク重視の話は少ない&山スクとか全然書いてない&ミルフィスクとか他とスクの絡み最近はボツボツかいてるのですが……。
 確かに、話題は山りょとかテュシャマテュですが、きちんとスク受けっぽい話も書いてますよ? そもそも、うちでは、あらかさまなスク受けCPはほぼ書いてないので……書いてたとしたら、髑髏スクくらいで……。
 サイトの更新自体だと、最終更新はミルフィスクですし、テュシャマテュはともかく、山りょは1作品もないですし、スク受け書いてないなんてことはまったくないので、スク受けから別に外さなくてもいいかなっと思ってます。総受けとか書いておいてザンスクしかないとか、ザンスクに登録してるのにザンスクがないサイトよりは全然マシです……(トラウマ!!)
 私は別に構いませんが、よく見ず極論に走りすぎると相手を傷つけたり、ご自分のためにならないので気をつけた方がいいですよー。
 後、もうあんまり山スクは書かないと思います。申し訳ないです;登録してませんし。



10/23

8:22 なにやら厳しい意見があったようですがTOPにもう少し詳しい説明を書いた方が
ご意見取り入れて、色々変えてみました!
 でも、ちっともサイトの説明文読まずに色々言う人ってすごいおかしいとは思います……そのための最初に、とか注意ですし……。そういう方はやっぱり、ちゃんと書いても読まないような……うーん。対策が必要ですよね。
 後、日記の方ですが、日記はすごいいつも思いつきと衝動と萌えとなんだかよくわからないノリでやってるので、誰が出てるとか、どんなCPなのかはっきりせずぐだぐだになってしまいますのでちょっとできそうにありません;
 一応、短文はスク関係→テュル関係→その他もろもろというサイクルで回ってることは日記に表記しておきます。

 それと、私は別にいらだってないですよ?
 上記にも書いておりますが、意見していただくのは大変ありがたく、うちのサイトを見ていただいているということです。そういったご意見は最もだと思えばすぐさま取り入れますし、間違ってるなーっと思えば少し厳しい言い方をした方がいいときもございます。
 喧嘩は嫌ですが、そうやって注意しあうことでいいことになていけばと思い、同時に「他人のフリ見て我がフリ直せ」きついことを言ってしまったのを、きつい言葉を言われて気づくこともあります。そういう覚悟も、配慮もなしにただ自分の意見をぶつけるのはワガママというものですしね。
 私はかまわないのですが、周囲の本当に、本当に優しい方なんかもったいないくらい心配してくれてご迷惑おかけするので、一度こういう体勢をとってみたいと思います。
 まあ、嫌なら見ない自由もあるわけですし、ご勘弁を。


9:54 10年後の鮫からは人妻的色気が出てると思います。
なっ……なるほど!!
 心の底から納得しました!! そうか、そうか!! 人妻の色気だったんですね!!
 なんか、わかると興奮してあれなテンションになってきました!!
 未亡人は書いたことありますが、人妻はなんだかんだでまだなので、ちょっと書きたくなってきました!!


10:02 ミルフィスクの可愛さに悶え、本誌での未来美人鮫にときめき、管理人さまのコメントに激しく同意です。
美人ですよね!!
 もっもう、あのスクを前にして色々我慢しろって言う方がおかしいです!!
 あの色気は人妻的だというご意見をいただき激しい同意を感じました!! ほんとに、あれ三十路なんでしょうか!! いや、三十路だからだとはわかっていますよ!!


10:22 ずっと思ってたのですがリボーンのリンク整理をしないのですか?続
修正しました。
 取り扱いCPはまったく、全然、これっぽっちもこだわらず、その方だからーっというリンクなので、閉鎖サイト様とお引越しサイト様をかえたくらいですが……。
 ああ、そろそろ追加もしないといけませんね;
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記267日目 


2007.10.22
Mon
11:08

 笹川了平という人の精神構造はおおよそ一般人の域を大きく超えて、そもそも人間の域に留まらず突き抜けていた。彼の中ではまっすぐ筋が通った思考とて、常人が見ればそれはあまりにも理解できず、来るっているといわれてしまってもしょうがない。
 その単純かつ複雑な精神構造を正確に理解できるものは恐らく、妹か10代目候補以外存在しないだろう。
 つまるところは、笹川了平という人は、頻繁に世界に生まれてくる、人の形をしている化け物なのだ。本来ならば化け物ゆえにすぐ死んでしまうか、弾き飛ばされてしまいそうなものだが、いまだに繋がれ留まっている極稀に生き残っている希少な存在なのだ。

「あのなー」
「?」
「一応、言っとくけどな。化け物に付き合うと、疲れるぞ?」
「??」
「あいつらは、俺たちとは別の存在なんだよ。次元が違う、全部超越しちまってる。付き合っても不毛で、こっちは痛い目にあうのに、それにも気づきはしない。振り向きもしない。
 食われて取り返しのつかなくなる前に、とっとと逃げた方がいいからな。忠告終了」
「???」
「忠告はしたから、後は自由になー」

 すっかり胃袋に収まった医者は、自ら進んで口の中に飛び込もうとしている少年に助言した。
 無駄な助言だとはわかっていたが、なんとなく、そう、なんとなくだった。自分が飛び込んだとき、誰も何も言ってくれなかったから。だから、なんとなく口にした。



 色々お話して考えたら、うちのテュルとりょってちょっと似てるねって衝動的に思いました。でも、まだりょの方が人間的で、やまもの方が暴走気味なのでまだ幸せになれる確率があります。あくまで、比較的ですが。
 ちなみに、シャマとやまもは全然似てません。違う生き物くらい似てません。
 しかし、うちの攻め(ザン、シャマ、ツナ、ヒバ、やまも)は(シャマはリバですがね><)受けにバクリと頭から食われているような人ばかりです。
 本人食べた気全然ないのに、こう、誘蛾灯のごとく、ひきつけてバクリ。食べられたら逃げれません。
 鮫に食いつかれた御曹司、化け物の胃の中医者、電波に付きまとわれる十代目、忠犬を噛み殺そうとしたら飲み込まれた鳥……。この化け物ども! うちのサイトは化け物だらけか! 好きだ!(マテ) 人だけど、人外萌え(落ち着くんだ)
 とりあえず、うちのシャマルはとてつもなくりょが苦手そうです><
 キャラブックでも苦手そうだったのはもしや……(もしやじゃねえよ)

 あっ……えっと、「りょはそんなんじゃない!!」っという方。
 申し訳ございません。あくまでうちのりょですから、あくまでうちのりょですから。
 まあ、まともなりょが見たい方はうちのサイトなんてこないと思いますが、一応!!


 ザンスク書かなきゃと思いながら、山りょとテュシャマテュに心の天秤が……!! 
 某神様のテュルもシャマもかわいい、かわいすぎる!!
 そして、あのテュルのいい笑顔と鬼畜な行動が!! やばいやばいやばいやばい、ツボすぎてゴロゴロしてしまう!!
 情操教育最高です。


拍手レス。

21:36 こちらこそ昨晩はてんぱり過ぎて申し訳ありませんでした!構って下さって有り難う御座いました!/曳杜
いや!! 私の狂乱具合が本当におかしくてすみませんでした!!
 本当に素晴らしい夢のような時間をありがとうございます!!
 山りょ、どくりょ、ツナ骸にテュルもザンスクもがんばってください!!(さりげなくテュルを混ぜない)
 これからも、応援させていただきます!!

 後、こっそり若いシャマとスクの絵に激しい動悸と息切れを覚えました。

-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記266日目 


2007.10.21
Sun
07:57

 つけあがるなよ。
 お前が俺を傷つけることなんてないんだ。俺の体も心も魂だって何一つ、お前は傷つけるに至らないんだ。
 俺をどうにかできるのはあの子だけだ。俺の全てはあの子のために、あの子のせいでどうにかなるんだ。
 つけあがるなよ。


 ついに頭がいったのか、そいつはそう言って俺の首を片手でギリギリ締めやがった。
 そのままごきんっと骨でも折られるかと思えば、割合あっさり気絶する前に手が離される。こいつがなに考えてるのかさっぱりわからないものだから、俺はなにも聞かなかった。つーか、喉痛くてなんも言えないつーの。知りたくもない。
 苦しいんでそのまま倒れたら、あいつが笑いながら冷たい目でじっとじっと見下ろしてた。
 ぞっとするほど恐ろしい目。今すぐ逃げろと俺の警報がガンガン鳴り響いている。でも、今、俺、逃げられないんですけど? やばいやばいやばいやばい殺される。たぶん、こいつのことだから、じわじわじわじわじわじわじわじわいたぶって、苦しんで苦しんで、苦しみぬいたらやっと殺してもらえるかと思いきややっぱり殺してもらえずなんかある日気まぐれにころされるんだろうなっと。
 うわ、超嫌だ。逃げたい。でも、逃げられない。

「飽きた」

 ぽつりっと、呟いてあいつは背を向けた。拍子抜けする俺に、あいつは一切振り向かない。
 何に飽きたのか。俺に飽きたとか、俺をいじめるのに飽きたとかならいいけれど、なんだか、すごい嫌な予感がする。
 まあいいか命が助かったんだし。
 ぼんやりそう考えて倒れていると、2分くらいでづかづかあいつが帰ってきやがった。おいおいおいおい。せめてもう少し休ませてください。

「色々考えたんだけどよ、シャマル」
「んだよ」

 どうせ全然考えてないだろ。

「とりあえず、結婚でもしてみるか」
「お断りします」

 やっぱり、なにも考えてなかった。



 人間らしくなって色々戸惑ってるテュルと、何もわかってないシャマルの話。
 人間らしくなるということは、なんか色々感情とか感覚とか「あれ?」ということが増えて情報量が多すぎてパニックになってるテュルとかちょっとかわいいんじゃないかと血迷いました。
 「ん? もしかして、俺はシャマルことをすきとは言わず、もしかしたらそれに近いかもしれない擬似的ななにかに似ているらしく見えるソレをたぶん抱いているんじゃ?」とか思ってます。
 あくまで好きではないです。
 そこまで発達はできていません。100年くらいしたら、ラブラブになれるんじゃないでしょうか(おい)


 昨日の某神との会話で山りょが熱過ぎてやばいです。
 いいなあいいなあ、山りょっていいな!!
 かわいいな山りょ。青春だな、山りょ!!
 とりあえず、なんとかなるのは10年後だ。幸せになれるのは20年後だ山りょ。
 京子ちゃんが絡まないと、進展しそうにないぞ山りょ。
 山本の彼女はきっとすごいかわいい子だ。そして、でも、かわいいのに結局りょを選んで別れる山りょ。
 やまもーはビンタされるといいなあ、いいなあ。


 そんな話をかいてます(だめ人間!!)

 とりあえず、神様、始終変なテンションで申し訳ございませんでした!!
 後、「好き」「ダイスキ」ばっかり連呼してすみませんでした!!
 そして、常識人×人外は最高です。
 よく考えたら、山りょも(人間の範囲的な意味で)常識人×(精神構造が)化け物なんじゃないでしょうか?
 え? 違う? すみません。
 

 続きは遊戯王でオフのデート話。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

親友バトン ~もしも友達だったら編~ 


2007.10.20
Sat
18:34

もう一つ、ツミ様にいただきました!!
しかし、なんで宿主様……?

ルール:前の人から指定された有名人を親友に見立ててください。

指定→宿主
-- 続きを読む --

category: バトン

trackback(0) | comment(1) | 記事編集

go page top

もしもバトン  


2007.10.20
Sat
18:22

 ツミ様よりいただきました!
 秋だから暗い答えかもね☆
-- 続きを読む --

category: バトン

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記265日目 


2007.10.20
Sat
09:29

 心臓を探せ!

 彼の心がそう叫んだのでとりあえず探してみた。
 その心臓が何かの比喩なのか、はたまたなにかの心臓なのか、まさか彼の心臓なのかわからず、それでも言われたら探すしかなく探すために歩く。
 途中で同僚に会ったので聞いてみようかと思ったが、王子様と赤ん坊とデカブツしかいないのでやめた。聞いたところでバカにされるのがオチだろう。せめて、ネクロフィリアか忠実すぎる嫉妬の権化がいれば聞いたかもしれないが、あのメンツでは聞く気も失せる。いや、もしかしたらあのデカブツの奥深く、くすぶる老いた炎であれば答えられるかと一瞬過ぎったがまさかっと首を振る。
 まあとにかく心臓だ。
 見つからなくても探すフリくらいしておかないと彼に殴り殺されてしまう。
 庭をぶらぶら歩いていたら、ふっと懐かしい姿を発見してしまい、げっと顔を歪める。おぞましくも、見たくもない懐かしい姿。
 懐かしい姿は左腕を弄びながらこちらに気づいて視線を向ける。関わりたくなかったので無視してあちらにいこうとすれば、

「しんぞうをさがしてるんだろ?」

 っと声をかけられた。
 なんで知ってるんだよっと叫びかけて無視する。
 無視に徹しないといけない。
 けれど、構わず懐かしいそいつは声をかけてくる。

「しんぞうがどこにあるかおしえてあげよう、しんぞうはひだりうでにある。そう、ここにある。おまえはわたしにしんぞうをうばわれたんだ。いや、おまえはすてたのに、あいつはひろいたいとおもったんだおまえのしんぞうを、だからあいつはおまえにさがせとさけんだんだ」

 慌てて振り返れば、俺の左腕を弄んでいたはずの隻腕の懐かしい姿はいなくなっていた。そりゃ当たり前だ。俺が殺したのだから。
 しかし、これで心臓がどこにあるかわかった。けれども、彼に心臓を持って帰るのは不可能だ。
 しょうがないので彼に殴られるのを覚悟で「心臓はてめえの為に捨てたんだ」っと言いに行こう。



 私が悪いのですがね、日記が3回も消えたら書く気がなくなるわけです。
 だから季節の変わり目は嫌いなんだ……。
 体調は常に悪くなるし、判断力鈍るし、躁と鬱の切り替えが頻繁になるし、唐突にグロや雰囲気だけの小説を書きたくなります。
 もっと身のある人間になりたい。
 っというわけで、身のない小説を書いてしまいました。
 テュルが死んでる設定です。そして、なんだか歪んだ世界ですね。うわあ。



拍手レス

10/19
(↓ちょっとネタバレ)
9:13 エロ鮫だけでなく髑了もありますよ、武、鮫に反応し過ぎw
>どくりょ展開も!wktk!
 お教えいただいてありがとうございます!!
 そんなに幸せな展開だと、喜びすぎて死んでしまいそうです!!(おい)

10/20

3:10 今晩は、いつもサイトにお邪魔しています。それでこの度キリ番57775HIT踏ませて頂いたので、キリ1
キリ番踏んでいただきありがとうございます!!
 えっと、リクエストお受けいたしました。
 ただ、ちょっとまだ管理人リクエストを溜めている状態なので、遅くなると思いますが、それでもおまちいただけるなら嬉しいです!
 そして、オールキャラとありますが、私自身あんまりキャラを大量に出すのを得意としていないので、思ったよりも少ないかもしれません;;(せいぜいヴァリアー+ツナくらいとか……)



 続きから話題は遊戯王。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

100作品目ありがとうございます 


2007.10.19
Fri
00:25

 サロメ症候群、100作品目ありがとうございます。
 ここまでこれたのも、皆様のご声援のおかげでございます。
 もう、なんというか、皆様あっても100作品。皆様あっての現在です。
 リボの方は「気づいたら100作品以上あった!!」っという具合に数なんて概念気にせず書きまくっていたので何もしませんでしたが、こうしてきっちり数得て計算して……っというのは感慨が違いますね。
 というわけで、100作品超えたので、ぼちぼち更新ゆるくして、リボにも力いれたいなーっと思っていたり。
 でも、エロもパラレルも連載もエルナたんもせとバクも人外もまだまだ実は書きたいのが山積みで、リボはもう少しごっごめん……になりそうな予感でございます。
 そして、近い内アンケートやりたいなーっと画策中です。
 ボタン式と質問式、どっちにするかちょっと考えて、1週間後くらいから始めたいと妄想中。
 とりあえず、どの作品が、というか、シリーズが好きかお聞きしたいなーっと思っております。
 お気軽にお答え願えると嬉しいです。
 リクエスト受付じゃなくてすみません……。
 でも、リクエストは消化できる自信が無いのです……。

 あっそういえば、サロメ症候群にはカウンターないんですよね。
 申し訳ない。
 でも、アクセス解析で何人きてるかは見てます。
 えーっと、だいたい、1万5000人くらい来場いただいてます。
 ……あれ?1ヶ月半くらいで1万人超えてる……?
 ……………はははは。ありがとうございます。
 これからもカウンターつけるつもりはないです。すみません。


 後、続きでサイトのサブタイトル(?)一覧
-- 続きを読む --

category: お知らせ

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記264日目 


2007.10.18
Thu
13:07

 大空である彼が、まず雨と霧の彼と彼女に教えなければいけないことがあった。


「えーっと、いきなり会っても押し倒さない」
「えー」
「えー」
「えー、じゃありません!」
「じゃ、あキスは」
「だめです、女の子なら慎みなさい」
「なら、舐めるのは?」
「だめです、前提が間違えってます」
「じゃあ……」
「なら……」


「……えーと、10年後のお兄さんの拳はリアルに頭が吹き飛ぶそうです。我慢しましょう」


「はっはーい」
「はっはーい」



 某様の影響で山りょがすきなのですが、実はどくりょも好きなので、今週のジャンプの展開には興奮が止まりませんでした。
 どくりょかわいいよどくりょ。
 しかし、私には絶対に書けません……ぐぬううう……。
 でも、絶対一方通行だよ。山りょも一方通行ですが。
 髑髏ちゃんは自分でアピールするタイプでもなさそうですし、その前にアピールしてもりょは気づいてくれなさそうですし。
 
 いやはやしかし、なんだか普通に山りょどくりょ書くより、にょた本と髑髏くんというなぜか性別転換した方が楽しそうな気がしてきました。
 やばい、思考回路マジやばい。迷走しすぎ。
 髑髏くんは「あの人の子どもが産みたい……」とか危険な思考にぶっ飛んでそうです。男は同士では子どもはできません><
 ツナ、ツナ、にょた本と髑髏くんにまず性教育の授業をするんだ!!


 この日記も後一ヶ月と少しくらいで300だと思うと、あっという間に一年回ってしまうのだろうなーっと感慨深く思いました。そして、同時に後一ヶ月、二ヶ月したら今年も終わりなんですよね、気が早いですが。早すぎないか?
 とりあえず、今年はリボから続いて遊戯王で終わりそうだなーっとぼんやり思います。
 あっ体の調子は少しよくなりました。
 今日はがんばりますよー。たぶん。
 だめだったら、だめだったときに考えるんだぜ!

拍手レス。

23:33 来週エロ鮫が
なっなんですって!!
 来週はどくりょ展開だと信じてたんですが、くるんですか!? くるんですか!? もしかして!!
 それとも、なにかの暗号ですか!?
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記263日目 


2007.10.17
Wed
21:18

 風邪のせいか、今日はずっと体調不良のため、更新停止。
 100目前にして小休止。
 明日はがんばります。

 拍手レスは頑張って返します。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記262日目 


2007.10.16
Tue
12:08

 常々、化け物が死んだ方が世界は平和だと思っている医者であるが、一度だって、化け物を殺そうなんて思ったことはない。 
 死ねと思ったことは山ほど、いや、海ほどあるが、怒りならともかく、殺そうなどと明確な殺意を覚えた日はなかった。そう、今目の前で自分がその化け物の生殺与奪権を握っているときですら、殺そうなどと想像もしたことがなかった。
 いや、どちらかと言えば想像できなかたとも言える。
 長い間化け物に付き合っていた弊害だろうか、化け物が死ぬところは容易に想像できたとしても「殺される」ところをどうしても思い描くことができないのだ。特に、自分が殺すことなど、言われるまで気づきもしない。

 だからこそ、今日も医者は簡単に化け物を殺すチャンスを逃した。



 シャマルは一部の想像力が欠如しているせいでテュルの治療ができるのでは、と考えてみて。
 自分を殺さない人間じゃないとテュルはきっと治療どころか触らせもしないでしょうね。あるいは、自分を殺せる、すぐさま殺す人間にしか。
 なんだかんだで、うちのシャマルは本当に、死ねとは思っているものの、殺すとは言ったことも考えたこともないと思います(たぶん/探したらあるかもしれませんが)
 結局、腐れ縁であり、シャマルは放っておけないんでしょうね、テュルを。
 しかし、本当に形容できない関係……。
 やっぱり、腐れ縁としか言いようが無いですね。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記261日目 


2007.10.15
Mon
05:45

 ヴァリアーにいるやつなんか、いつ死んでもかまわないような奴らばっかりだと人は言う。
 そりゃ、外の奴らから見ればそうかもしれない。
 けど、俺の場合は違う、今この瞬間死んだら困るから、ヴァリアーにいる。俺がいつ死んでもいいと思うのは、ヴァリアーから抜けた時だけだ。
 すなわち、それは主に背くか、あるいは主がボンゴレに背いたときだけ。
 前者はそれこそ、死んでもありえないから、俺はいつでも後者のために牙を研ぐ。
 そう、いつかお前はいつ死んでもいいのだろうと主が言う日まで。


 俺は今日も、ヴァリアーにいる。
 早くこの命を使い捨てみたいにできる日を待ち望んで。



 昨日のザンスク書き直そうと思いましたが、ダメージが響いたので、ボスを思うスクにしました。
 メンタル強そうで弱いです。はい。

 とりあえず、10年後スクの前髪の話!
 あれはかなり萌え&色気があるのですが!!
 しかし、中途半端な時期ってベル状態になってベルと喧嘩したり、ルッスに前髪くくられて笑われたりしたんじゃないでしょうか!!
 わかる方はわかると思うんですが、耳にもかけられないし、寄せても落ちてくる時期ってありますよね!!
 正直、本人もうざいし、見てる方もうざいという……そういうのを見るたび、ボスが切れて

「一々耳にかけるくらいならきりやがれ!!」
「誰のために伸ばしてると思ってんだあ!!」

 とかDVを……!!
 無難に、ピンで留めてたらおもしろいと思います。
 しかし、ルッスに女子高生みたいにされちゃって、それを見たボスが激怒→DV→ピンって頭皮とか目に刺さって危ないね→やめる。
 なんて……。
 実際、中間期はどうしてたんでしょう。
 それなりに伸びたら耳にかけるなり、流すなり、まとめて後ろでくくるくらいできるんですが……あっワックスでまとめればいいのか……………なんか、おもしろくないオチが!(オチをつけたがるな)
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記260日目 


2007.10.14
Sun
08:48

 昨日の鬱憤をはらすくらい長い日記を書きました。
 そしたら、どうでしょう。
 なんだか、fc2が、ログインしてくださいとか言ってきました。
 死ね、もうほんと死ね。
 俺がどれだけ気合いれてザンスク書いて語って、スクの前髪の話書きまくったと思ってるんだ。
 気合を入れて語ったセトバクを返せ。
 なにかfc2はフォローをいれろ。
 途中でログインきれたら下書きに入れるくらい親切心を見せろ。
 ヤフーのメールはちゃんと下書きにいれてくれたぞ!!
 くそう、もういやだ。
 虫になりたい。
 いや、もう虫だ。
 変な色の虫だ。
 誰か、踏み潰してください。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記259日目 


2007.10.13
Sat
15:11




 脳内メーカーやってみろって言われたのでやってみました。
 脳内覗かれた気分です。
 愛って、バクラとスクアーロへの愛?
 それとも、ブログ&サイトのことで頭いっぱいってことですか。

 意味もなく、日記がシンプルな日を目指してみました。
 今日は恒例チャットします。
 誰かきてくれますように……ハラハラドキドキ

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記258日目 


2007.10.12
Fri
07:42

 さようなら、あんまり愛しくない人。
 貴方の死で、明日もオレは愛しい人に合えます。
 ありがとう。



 マフィアっぽいのを書きたくて、しかし玉砕。
 どうすればマフィアっぽくなるでしょう。
 そして、この日記、一度消えました。
 やる気が凄い減ってます。
 泣きそうです。
 えーん、初代様とツナをがんばって書いたのに……。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記257日目 


2007.10.11
Thu
07:41

 何を思ったか、剣帝が差し出したのは剣でも凶器でもなく、ただの薔薇の花束だった。
 目に痛いほどの赤の群れと匂いに彼は眩暈を起こす。

「なんだ、これ」
「やる」

 どうでもよさそうに突き出された花束。
 その向こうには白い美貌の持ち主が笑顔でたたずんでいた。
 もしも、彼か、あるいは剣帝か、どちらかの性別が今と逆であれば喜んで、それこそ本当に飛び上がって受け取るのだが、残念なことにどちらも同性で、しかも彼は剣帝から物をもらっていい思い出がなかった為受け取りを全身で拒否。
 しかし、剣帝はそこで引き下がらず花束を突きつける。

「やる」
「いらん」
「やるっつってんだろ?」
「受け取った瞬間変なガスとか出そうだろが、お前の花束」
「でない」

 拗ねたような顔で、剣帝は言った。
 別に、彼が受け取らないから拗ねたような顔をしたわけではない。

「あのクソガキに嫌がらせしてやろうと思ったら……スクアーロとイチャつきやがって……」
「あー、なるほど」

 なんとなくその先がわかり、手で制する。
 いつもは傍若無人な剣帝だったが、義理の息子の前ではそれも形無しらしい。
 嫌がらせに使われずに済んだ美しい薔薇は、所在なさげに咲いていた。恐らく、ここで拒否すれば剣帝の八つ当たりに使われるだけだろう。
 医者はしぶしぶ受け取って、どうするかと考えた。
 すると、剣帝はじっと医者を見て、一言。


「似あわねー」


 思ってても口にするなと医者は顔をひきつらせた。



 嫌がらせしようとしたら、逆にされた気分の剣帝様。
 あんまりにもいい雰囲気だったので、空気読めない剣帝も思わず空気を読んでしまったようです。屈辱ですね。
 ちなみに、シャマルに赤い薔薇ってめちゃくちゃ似合うと思います。似合いすぎて吹くよイタリア男ってくらい。
 うちの剣帝は敗北は山ほど経験してるので、すぐ立ち直ります。そして、1日遅れの嫌がらせをぶつけるものと思います。

 とある方に

「かわいそうな剣帝パパさんみたいです!」

 っと言われ書いたのですが、かわいそうの方向性が違うような気がしてきました。


 銀鮫息子と7人のテュールネタがわきあがってきましたが、気のせいとして黙殺してます!!
 気のせいです!!
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記とチャットについて 


2007.10.10
Wed
07:18

 日記とチャットをジャンル別に分けた方がいいというご意見をいただき、実は私も前々からそう思っておりました……。
 でも、日記2つ書く気力が自分にあるのかと考えて保留にしておりました……。
 んー、対策として、リボをメインに、遊戯王を続きに書くなどやってみます。
 それがまた「見るのめんどくさい」などというご意見があれば、日記をもう一つ借りる方向で……。拍手レスは本文の方におきます。管理人のレスはともかく、隠すような拍手する方はいらっしゃいませんし!!
 チャットの方はー……きてくれる方を差別とか、区別とかしたくないのですよね、きてくださるだけで、もう、管理人の心はアレして大変なので……。
 しかし、きてくださる方が不便という状態はいけませんよね……。
 じゃあ、管理人が2窓で、エチャは遊戯王(エr中心だから)チャットはリボ(まだ健全な話ができそうだから)でやってみるというのはどうでしょう!!
 あっ、でも、絵を描きたいお客様にはどうすれば……おいおい考えます……。
 こんなにも、別ジャンルを共生させるのが難しいなんて思いませんでした……。他ジャンルサイトの方を尊敬しそうです……!
 大丈夫、管理人ならば3窓でチャットくらいできます!!(おおい)
 それがどちらにとっても失礼とあればやめますが……とりあえず、試験的に試行してみたいと思います。
 ご意見本当にありがとうございます!!


 あっちなみに、基本恒例チャットが、エチャ&チャットの併用であり、突発はあんまり併用はしません。
 誰でもどうぞ。


 後、日記の小説はー……いつか、それなりにまとめてサイトにアップしたいと思います、しかし、作品が100以上あるので、中々手が回ってません……。ミルフィスク(連載)まとめから始めたいなっと……。


私信>
 レオくんはキャラがわかりません……orz

category: お知らせ

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記256日目 


2007.10.10
Wed
07:01

 今日は静かだなっと、彼は銀色の髪に指を絡めて言った。
 彼にしなだれかかる銀色も、薄く目を開いて頷く。
 あまりにも静かな時間を噛み締めるように彼も目を閉じた。
 こんな日が、いままでどれだけあっただろうか。
 ゆるやかに流れていく時間の中で、もっとも有意義で贅沢な静寂を味わった。



「どうする?」
「もう、誕生日おめでとー!って雰囲気じゃないわよね」
「つーか、覗いてるのバレたら王子、殺される?」
「……帰りましょうか」
「そうだね、今日くらい……スクアーロを譲ってあげるよ。今日は一人で寝る」
「えー、じゃあ、王子と寝る?」
「それもいいね」
「あらー、いいわね、私もいれて」
「「だめ」」



 ボス、誕生日おめでとうございます!!

 明日だと思って今日なにも用意してなかったのは秘密。
 スクの誕生日のとき盛大に祝うので、許してくださいませ……。
 いや、今からでも努力すれば!! 努力すれば!!


 無理だ……orz


 妹が!! 妹が邪魔をする!!
 妹の最愛キャラとの誕生日二つかぶってて……妹に奪われそうな予感ひっしひしです。
 でも、努力はします……。
 あー……某方のチャットいけたらいきたいな……。


 そして、管理人涙腺崩壊。
 拍手+メールでもお優しい言葉に胸がしめつけられるようです。
 あっあかんねん……管理人、罵られたりけなされたりは慣れとるけど……褒められたり優しい言葉かけられるんは、涙腺ほんま緩むん……(なんでいきなり口調が違うんだ)
 PCの前でうっかり涙零れて、親に「目薬うまく入らないー」っとごまかしました(微妙だ)本当に、目の前に目薬があってよかったと思います。
 本当に、皆様、こんなショボサイトにきてくださって時点で女神のようなお心の持ち主なのに、キモチノワルイ管理人に優しいお言葉なんて……どれだけの神を超えた神なのでしょうか……。
 うう、がんばります!!
 大丈夫です!! 例え私の心が砕けても!! 萌えは砕けません!!(キモチワルイ)
 これからも、誠心誠意がんばらせていただきます。
 えrとか、イロモノとか、パラレルとか……。 
 あっリボも!! リボもがんばります!!


 続きからは遊戯王
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記255日目 


2007.10.09
Tue
11:58

 例えるならば。
 バチンっと、間違えてホッチキスで指を止めてしまった気分だった。
 いたいし、とりにくし、泣きたくなる。
 でも、自業自得だから、しかたないというような。

「長らく、人の世を生きていましたが、ホッチキスに例えられたのはっ初めてです。クフフ」
「いや、どっちかというと、ホッチキスの芯だよ、お前は」

 そういうと、彼は相手の手をとって、親指と人差し指の間の柔らかな付け根をばちんっと止めた。
 本当は、むかつく右目をとめてやりたかったが、今日はこれくらいで勘弁してやるとする。



 地味なDV。
 今日、ホッチキス使ってたらちょっと先がうっかり刺さったので、腹いせに。
 別に、製本作業してたわけじゃないです。工作です。
 オフはやる予定ずーっとないので、ご安心を!! 公害を配るなんて絶対しません!!

 スクと骸はいじめてもいい生き物だと思ってます(おい)
 むしろ、いじめるべき、いじめなければいけないものかと……。でも、スクと骸はこう、いじめ方を変えたいような気がします。
 スクはとにかく、ぼっぼこぼこに殴る蹴る、ですが、骸は地味な拷問系のいじめ方がいいと思います。いや、ぼこぼこもいいですが。
 でも、拷問系はちょっと地味な上に陰惨なので、あんまり書けなくて悔しいです。
 爪の間に色々いれるとか……。

 あっシャマルもいじめていいと思います、ただし、シャマルはテュル限定で。


 関係ない話ですが、実は結構、獏表(遊)も好きです。
 バクラばっかり書いてますが、ほんとは凡骨も好きです。
 というか、バクラに出会わなければ凡骨サイトにしたかったくらい凡骨が好きでした。本命は海城でした。
 しかし、海城はメジャーなのでともかく、なぜか、獏表って少なくないですか?
 おかしいくらい少ないと思います。
 遊戯受けって結構多いですよね(たぶん)
 なのに、獏表(遊)がない。あんなにかわいくてほのぼので仲良しコンビなのに……。
 私の調べ方が悪いのか、表記が隠されているのかはわかりませんが……もう少し、あってもいいんじゃないでしょうか?
 獏城はカテゴリーもあるというのに……。
 やっぱり、私が好きになるCPってマイナ-なんでしょうか……。
 あー、王バク前提の獏表書きたいです。
 ほのぼのかわいいやつを……。
 いや、シリアス殺伐もいいんですが(闇AIBO&闇宿主かよ!!)
 まあ、今のところは、王バク前提で二人を会話させてるので満足してますが……。

 王バクの不思議な話を書いたら、不思議な気分になりました。
 キャラを変えて話を少し変えて何個か書きたい気分です。
 しかし、これはほぼオリジナルだよなー。私のアレ小説は本当にアレすぎます。
 せめて、絵が描けたら、漫画が描けたらオリジナルにならないのに……。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記254日目 


2007.10.08
Mon
11:01

「シャマル、考えてみたんだが」
「考えるな」
「………」
「………」
「シャマル、考えてみたんだが」
「考えるな」
「………」
「………」
「シャマル、考えてみたんだが」
「諦めろよ!!」



 最近、妹とやったやりとり。
 シャマル=妹、私=テュール。
 なんか、やった後、テュシャマテュっぽい!! っと叫んだところ、妹に「考えるな」っと怒られました。
 思考も許さないなんて、なんて弾圧主義な妹なのでしょうか。
 思想の自由を誰か保障してください!
 たぶん、このテュールはスクアーロ関係の話をしたかったんだと思います。
 そして、シャマルは絶対に聞きたくなかったんだと思います。


 さて、たまには日記らしい日記を!!


1、日記らしく日常を書く。

 専属絵師たるいろはですが、結構長い付き合いで、もう二体同心くらい仲良しです。
 どれくらいかというと

「最近よく言う言葉ってなに?」
「笑顔動画の言葉ってよく使うよね」
「そうだねー。なぜ殺したしとか、あれは最高だ」 
「遊戯王のセリフもつい言っちゃうよねー。特に社長、そうそう」

「「全速前進DA☆」」(一音も外さずハモった)

「……(親指をあげる)」
「……(親指をあげる)」

 くらい……。
 でも、全速前進DAって、つい使っちゃいますよね。
 どんな場面で使うんだって聞かれると、うまくいえませんが。


2、日記らしく、その日あったことを書く。

 どうにも、私の日記の言動はイラっとくるらしいです。
 日記を読み返して、自分でも、うん、こいつイラってくるくらいキモい変態だなって思えます。申し訳ない。
 えーっと、諦めてください!!(マテ)
 小説を書く人と、小説を書く人の人間性は別ということで。
 いや、かなりそのまんまなのですがね……。
 注意書きにでも書いておきましょうか……というか、私のかく絵もイラっとしますね。友人にプロフ描いてと頼みましょうか……。
 うーん、イラっとくる管理人の無駄なハイテンション後ろ向きと、変態度とかイタさとか、錯乱、混乱、変態(変態2回言ったよ)後、日常のネタとか、短文を見る場所なので、それがダメは方お気をつけて!!
 たぶん、この人間性だけは変わるものではございませんし。
 あっちなみに、私は怒っても悲しんでもないので、大丈夫ですよ!!
 よくそう見えないと文章ではいわれますが、妹に毎日「姉はイラっとする」と殴られているので平気です!
 むしろ、ちょっと嬉しいくらいです。日記見てくださっている上に、管理人のことを考えてご指摘いただけるなんて、今すぐ直せないのが申し訳なくらいに。
 でも、やっぱり、自分を直すというのは難しいですよね。
 簡単に人間が変わったら、もう少し生きやすいのに。

 まあ、そんなことよりも、気づいたら好きなサイト様が休止してました。しかも、よくエチャにきてくださる方が自粛してしまうそうです……。
 王バク読めない………見れない……。
 これが悲しみでなくて、なにを悲しみというのか。



 っと、ここまで書いてみて思うのは、管理人の詰め込みすぎの癖はそろそろ直さないといけないと思います。
 主に小説的に意味で。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。