12/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./02

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

日記353日目 


2008.01.31
Thu
13:01

「キスしてくれたら、お前のために命かけてやるぜ」
「キスしてやるからボスのために命かけろお」

 

 山スクだったような……?(曖昧)
 すれ違いじゃなくて、ただどっちも自分の意見を通したかっただけ。
 山本は自分の我を通したくておせおせだけど、スクの方が人生経験あるから、キスされたら言いなりだろうなっと。
 浮気じゃなくて取引だよ。
 でも、きっとボスは許さないけど。


 本誌でよく考えたらγと、えーっと、あの、名前がわからない、手元にジャンプがない……マロ眉でいいや、あのマロ(おい)と接触してふと思ったこと。

 あれ? この二人の属性って、俺のツボじゃ……。

 気づいてはいけないことに気づいてしまった……。
 野猿の泣き顔じゃなくて、そっちに萌えるなんて……ヨロヨロ。
 だっだって!! 顔は濃いけどいい感じにちゃらいたれ目ダメ男と、上に忠誠をびしっと誓ってマジメで堅い感じの目つき悪って、どうしよう。俺の永遠のラバーと同じ属性って……ちょっと外見的にいくつかハズれてるけど、属性がやばいやばいやばい。
 γマロとかきたら俺が堕ちてしまう。
 スクとバクラにうつつを抜かしてるから忘れられてると思いますが、私は実は黒髪ラブでそれでそれでそれで。
 3年サイトやり続けて今でも小説は書けなくても心の中で常に萌えているCPはタレ目、軽い系ダメ男×真面目黒髪目つき悪で……あああああ!!
 気づいてはいけないことに気づいてしまいました!! 誰か!! 誰か私を死ぬ気、否、殺す気で止めてくださいいいいいいぃぃぃぃ!!

拍手レス。
1/30

22:23 私も今週のWJを、破らんばかりにコロー!!! と絶叫しました。兄さんが戦うのかラル姐さんが戦うのか・・
わかっていただけましたか!! ならば同士です!! 一緒に叫びましょう!!(マテ)
 とりあえず、展開的にはラルっぽいけど、あえてラルを押さえて兄さんかもしれませんね。
 あるいは、ラルがやられて兄さん本領発揮とか!(ラルやられること前提かよ)
 とりあえず、あの生意気な面をへこませてほしいです(私怨はいりすぎ)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記352日目 


2008.01.30
Wed
07:36

「だからさ、マーモン」

 瀕死の赤ん坊を見下ろして、彼は言う。

「こっちについちゃえばいいんだよ。別に、義理だとかこだわりとか他の奴らみたいにマーモンにはないじゃん」

 前髪で見えない瞳で、今にも息を引き取ろうとしている赤ん坊を、抱き上げることも近づくこともせず、見つめ続ける。

「そしたら、死なないですむんだよ? そのおしゃぶり渡したらさ、幹部待遇だって言ってたじゃん」
「ベルは」

 ごほっと、咳き込んだ。
 ふくふくとした小さな手が、真っ赤に染まる。
 それでも、言葉を続けた。

「いつから?」
「いつからって、なにが」
「いつから、その白いの着てたの?」
「んー」
「リングを賭けて戦った後、それとも、最中、その前?」
「そんなこと聞いてどうするの?」
「もしも、ボスの寝てる間か、その前だったら」
「うん」
「少なくとも、僕が裏切られたわけじゃないから」

 最初っから、仲間じゃなければ、裏切られていない。
 それなら、いいや。

「ベル、僕はね、裏切るのには慣れてるよ、裏切られるより先にいつも裏切ってきたから、でも、裏切られるのには慣れない、嫌いだよ。だから、聞いただけ」
「マーモン、死ぬの?」
「死ぬよ」

 あっさりと赤ん坊は言う。 
 ぜぃっと、荒い息を吐き出した。

「おしゃぶりはベルにあげる。白いやつらじゃなくて、ベルに」
「なんでさ」
「そこにいるから」

 赤ん坊は、どうでもよさそうにそう言って、息をもう一つ漏らした。

「ねえ、ベル、泣かずに聞いてね」
「王子が泣くわけないじゃん」
「じゃあ、安心して言えるよ、ベル」
「なに?」



「君とであってからは、悪くない人生だったよ。もう一回してもいいくらい」



 その言葉が、赤ん坊からの最大の賛辞だとは、彼は知らないまま。





 ミルフィスクやミルフィボスやったら、ミルフィベルもやるべきじゃ、そんな妄想が湧き上がりました。電波です。
 ベルマモ仕様で。実はベルマモかなりスキなんですが。
 いや、でも、ベルもマモもどうしてもスクが好き過ぎてついつい……。
 ツナ骸もスキだけど、骸スクも好きなような☆
 なんか、微妙に違う気がしてきました。
 ちなみに、スクとボスでは殺させましたが、ベルにマモ殺させるのはなんだかこう、ずんっときたのでやめました。容易に想像がつきすぎて……重い。
 この短文では、別にベルがマモ殺したわけじゃなくて、呪いで死にました。ベルはただ見てただけ。でも、傍観者が一番悪いという言葉もありますよね。
 そして、マモは、ずっと同じ人生をぐるぐるしてるという考え方なので、もう同じ人生は嫌だと思っていると思います。そのマモが「もう一回してもいい」というのは、嫌だけどもう一回同じ人生を続けてもいい、つまり最大級の賛辞。
 ソンナ取り方をしました。


 しかし、そんなにミルフィがすきかといわれると、裏切りがすきとしか言いようがないです。
 始末におけない女です……。



ジャンプ感想。
 あれ、マモでも骸でもスパイでもなかった……なんだ、ただの因縁か……。
 ってコロネロおおおおおおおぉぉぉぉぉ!?(管理人はアルコではコロネロが一番好き)
 どっどういうことだああああ!!(ジャンプ破けるから力いれるな)
 他はりょったんかわいくてやまもーも大変ですね。
 くらいしか思いつかない(おい)


 遊戯王はまた後で。
 一度分割して書いてみたかっただけです。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記351日目 


2008.01.29
Tue
07:54

「テュールの扱い方って本がありゃあなあ」
「あったらどんな内容が書いてあるか教えてやろうか?」
「はあ?」
「諦めましょう、って書いてあるぜ、きっと」
「………てめえが言うと溢れる説得力だぜえ……シャマル」
「だろう……」



 シャマルとスクアーロ。
 この取り合わせは苦労性な取り合わせだと思ってます。
 どっちも子どもみたいな年上に振り回され人生が狂いっぱなし……。
 でも、スクアーロはボスにほれ込んでいるので精神的にマシです。
 がんばれシャマル。 


拍手レス

1/27

0:53 日記毎日楽しみです!化物がシャマルには安心!そしてfantasmaの続きが是が非でも読みたいです↓
日記見てくださってありがとうございます!!
 シャマルは化け物だけじゃなく不思議な安心感があると思います。だから獄も懐くと……。
 fantasmaは……うっうーん、考えてみます。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記350日目 


2008.01.28
Mon
07:38

 愛の言葉を紡ぐより、愛の歌を紡ぎましょう。
 誰に当てたか分からない方が、ずっと口にしやすいから。
 誰かが誰かのために作った歌。
 でも、今は捧げる人のために。



 スク型ボーカロイドとかいたら楽しそうだなっとボカロサイトをあさっていて思いました。
 きっと、すごいダミ声でネタ歌ばっかり歌わされちゃうかわいそうなやつ。
 でも、ヴァの発音がいいから英語とかうまそう。
 しかし、ネタ歌ばっかり。
 ダミ声でかわいい歌歌わされるから爆笑もの……。
 逆らえないから歌うけど、毎回毎回舌噛みそうなほど恥ずかしがってると萌え……。
 そんなスクを調教して……だめだ、どうしてもエロいネタに……(おい)
 マスターはボスかな……。
 しかし、ネタ歌歌わせるボス……。

 別verで剣帝もボーカロイドとか!
 持ち主はもちろんシャマルで。
 
 あっ関係ないですが、好きなCPは双子弟×青いおにーさんです。


 日記書きかけで消えた……。
 なんで消えたかわかりません。
 なにもしてないのに、急に消えた…・・・え、なにがおきたん?
 山りょと海城とシャトー語ってたら急に……。
 あれあれあれー?
 えふしー2は私に何か恨みがあるのかな? カナ?

 というか、最近本当に日記消えやすい……なにか対応してください、えふしー2さん(他力本願いくない!!)

 今日はちょっとKIAIがないので、遊戯王なしで。
 どっかの調子が悪いのか、椅子からすべり落ちました。
 膝痛い……。
 どうしたんだ……。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記349日目 


2008.01.26
Sat
10:24

「なにをしているんですか?」
「いきなり髑髏から変わるなよ、不愉快だぞ、骸」
「僕だって髑髏です。何を書いているんですか?」
「うるさい、骸、手紙、手紙を書いてるんだ。
 こうさ、俺は女の子の喜ぶ話題なんてわからないだろ。だから髑髏に聞いてたんだ。ハルでもよかったけど、今いないし」
「あの、日本で待ってる女にですか?」
「京子ちゃんのことをそんなに嫌そうな顔で口にするな」
「手紙手紙、手紙、レターですか」
「なんだその言い回し」
「いいえ、どうせならフレンチレターでも送って差し上げればいかがですか?」
「ふれんちおれたー?」

 フレンチって、フレンチ料理とかそんなのか?
 確か、フレンチトーストとか、フレンチキスとかなら聞いたことあるけど。
 考えていると、骸からいつの間にか髑髏になっていた。

「髑髏、ふれんちれたーって知ってるか?」
「ふれんちれたー?」

 知らないらしい。
 そこに、たまたま獄寺くんがやってきた。ああ、獄寺くんならわかるはずだ。

「ねえ、獄寺くん」
「はいなんでしょう」
「フレンチレターってなに?」
「へ!? じゅじゅじゅじゅうだいめ!? いっ今何を!?」
「フレンチレター」

 獄寺くんは顔を真っ赤にして「そんな……いやでも……そんな……」っと、呆然と呟いた。
 俺は訳がわからなくて首をかしげるばかり。
 
「十代目、それはできれば外で言わないでください。お願いします」

 フレンチレターは謎のままだったが、どうやらあんまり上品な言葉でなかったらしい。



 フレンチレターというのは、その、簡単に言うと避妊用具です。
 調べるのはいいですが、親御さんに聞くのはやめましょう。いや、日本で生きていればたぶん知ってる人の方が少ないですが。
 骸に下品な言葉を使って欲しかったとか、ソンナ言葉を疑問に思うだとか、他愛もないものを書きたかっただけです。
 関係ない話ですが、フレンチトースト好きです。
 昔作ったんですが、作り方知らず適当に作ったので、べしょべしょの甘いだけのやつができました。
 でも、基本的にタマゴに牛乳、砂糖なので、普通に食べれました。
 食材を台無しにしなくてよかったです。


 4日くらい体調不良に苦しめられていたのですが、昨日今日といい感じで嬉しいです。
 しかし、昨日は私の妄想を助長する程度の能力が親友であるいろはに発揮され、大変恥ずかしい行為をしました。まあ、開き直りましたが。
 そして、ついでにこのよく動く指が墓穴を掘りました。なんと働き者。
 いや、いいんですがね、どうせもう深々と掘った穴ですから。今更1,2メートル増えても。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記348日目 


2008.01.25
Fri
07:47

 私たち六人は、一のための全である。
 間違っても、全のための一であってはならない。
 自らの全身全霊を持ってして、お一人を支援し、擁護し、守護する。
 それだけのための集団なのだ。
 だからこそ、悔しい。

「テュール」
「シャマル、ちょっと、こっちこい」
「んだよ、切りかかるな、よ? って、おい、どうしたいきなり、おいこら、なんだこの血!!」
「テュール様!?」
「[怠惰]の!?」
「なになに!?」
「シャマル、なにしたネ!」
「違う、俺じゃねえよ!! ああ、もう、待て、内蔵潰れてるだろ!! おい、レディ・テュール含むテュールども、医療班と運ぶ手伝い!!
 おい、おい、こら、寝るな!!」
「わしが運ぼう」
「俺も」
「医療班呼んでくる!」
「いったいいつからこいつ怪我してたんだ!!」
「たったぶん、爆発ではぐれたとき……でも、さっきまで平気で歩いて……」
「家帰ってから安心したってか!! ったく、はた迷惑な!!」 


 六人もいるのに、たった一人の安心感に勝てないなんて。



 七人のテュール。
 テュールの安心どころがシャマルだったら萌えるというだけ。
 七人のテュールのテュルはちょっと違います。
 マイナーチェンジしました。
 シャマルに依存度が高い感じで、六人に色々分散したので、ちょっと人間らしく。後、よく寝ます。


 リンクが繋がってなくても、閉鎖してても哀しくて好き過ぎて消せません。
 ううー、好きなのに、大好きなのに!!
 あっでも、一件は消えたわけじゃないから、張りなおししないと……。
 しかし、アクセス解析を2週間に1,2回くら見るんですが、なんか不思議なところから張られてりします。
 CP違うとか、ジャンルなかったりとか。
 なんででしょう。前やってたんでしょうか。でも、前なら最近のうちは張りませんよね。

拍手レス。

16:23 スク受け小説がとてもすばらしいです!!ミルフィスク部屋の”罪と戦う”、早く続きをお願いいたしますw
スク受けで、しかもミルフィスクを読んでいただいているなんて、恐悦至極でございます!!
 つっつづきは……続きは……がんばります……。
 なんだか、こう、不幸に突き進みそうで恐ろしくて……。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記347日目 


2008.01.24
Thu
06:01

 体調不良→エチャしたいからKIAIで直したよ!
 KIAI→お知り合いサイト様閉鎖のコメント見たら激しい頭痛に襲われたよ!!
 エチャ落ちる→気持ち悪いと思ったら嘔吐した!

 この結果を見るに、エチャすげえええええ(お前、またいろはに怒られるぞ)
 KIAIで体調不良をとめてました(マジか)
 しかし、KIAIがないとだめみたいです。
 それにしてもなんという閉鎖スパイラル。
 リボよりも、遊戯王は終わったジャンルなので閉鎖が唐突で怖いです。
 だって、リボなら「〇〇が出るまでは……!」とかなんとかでずるずるですが、遊戯王は萌えがつきたらガクリ、無念……ですから……。
 ああ、あのサイト様もあのサイト様もあのサイト様も……。
 特に、エチャでお話した、拍手でいくつもコメントをいただいた、エチャで熱い義兄弟の契りを交わしたサイト様だったのでもう、アババババ。
 貴方たちの作品を、もっと見たかったです。
 もっと王バクもせとバクもあじわいたかったです。ちかちゃんも
 お気持ちが離れるのはわかります。
 運命です。
 でも、悲しくてたまりません……。 
 だから、今日も私はサイトに作品を増やします。誰に望まれてなくとも。
 もうすぐ150です。見てたら応援してください。


 あっ今日は元気です。


 今日元気だという証拠に、現在ジャンプで連載中の初〇限定の褐色の子は、転生エルナたんにしか見えなくて純情でクーデレでハァハァハァハァ
 これは、もう、パロ書くしかないかなって!
 いや、嘘です、殴らんといてください。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記346日目 


2008.01.23
Wed
12:57

 あの日、あの場所で、同じ景色を見てた。
 それだけで、無敵なんだと思ってた。
 前を見れば敵がいて、横を見ればお前がいる。後ろを見る必要などなかった。

 なのに、いつからだろうな。

 前を見れば敵がいて、横を見てもお前がいない。
 振り向いたら、お前はどこにもいなかった。
 
 

 テュールがボックス開けたら何が出ると聞かれて「うちのなら雪豹かウサギ」っと答えました。
 獄の瓜のおっきい版な感じで不自然なほど目が黒い。
 しなやかで凶暴、テュールに懐きまくり。
 ウサギは小さいのが山ほどボロボロでてくる感じ。やっぱり目が黒くて、凶暴。
 草食動物はいつも死ぬ気で生きてます。ゆえに、小さいけれどハイパワー。物凄いジャンプ力で一斉に喉首を食いちぎろうと襲ってきます。
 愛らしいうさたんに襲われるって可愛く見えるけど、かなり怖い。怖い。
 ちなみに、ウサギは草食ですが、肉も食います。むしろ結構好物。ガクブル。


 KIAIで頭痛なおたー\(^〇^)/
 エチャするぞー。
 日記も書きなおします。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記345日目 


2008.01.22
Tue
06:18

 風邪気味のため、ちょっとおやすみ。
 ジャンプは、感想みたいなものだけ残しておきます。



1、あの少年は骸だよ説(骸が簡単に死なないよ)
 予備の体もきっちりゲッツ。
 術者っぽいしあれは骸。

2、あれはマモたんだよ説(生き汚いマモたんは死なないよ)
 成長したマモたんにしか見えないよ。術者だし。
 きっと、ラルはマモたんが死んだって騙されてるんだよ。

3、ただのボンゴレのスパイだよ(普通)
 ボンゴレのスパイで新キャラ。
 天野GODもそこまで甘くないよ。



 後、裏切りものとか、なんかの因縁があって、隠しているとかありますが。
 とりあえず、思ったことだけ。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記343日目 


2008.01.21
Mon
11:09

 この恋を、墓場まで持っていくには、俺は若すぎたんです。
 だけど。

「せせせせsんぱい!!」
「どうした、山本」
「す、す……」
「酢? あれは飲むと体が柔らかくなるらしいな。結構にもいいと京子が言っていた。
 飲むのか? さすが寿司屋だな」
「いや、うちは寿司屋だけど、酢はあんまり飲みません……」
「ああ、確か薄めて飲むのだったか?」
「え、どうなんでしょう俺もあんまり詳しくなくて」
「そうか、ならば俺が京子に聞いておこう」
「ちょっと待って、先輩、ちょっと言いたいことが」
「やはり、寿司屋の酢は普通に売ってるよりうまいのか?」
「え、あ、うちの酢は親父のごだわりで……」
「ほう、そうか、やはり飲むならうまい方が極限に聞きそうだ!
 できれば今度分けてくれ」
「はっはい……」

 なんだか、墓まで持っていけちゃいそうです。



 天然×天然が山りょの萌ポイント、そう思っていた時期もありました(今はなんなんだ)
 想いは伝わらないー。
 伝えたいのに伝わらない。
 山りょの本領発揮は三十路付近だと信じています。
 20年後付近に期待。
 というか、山りょはがっつりエロよりも、ちゅっちゅの方が萌えます。
 りょったんがやまもーにいつかちゅっちゅってしてあげるといいなっを理想に。
 ソレに対して、やまもーは嬉しくて泣くといいなっと。
 それで、りょったん、泣くほどイヤだったのか!! っと驚愕。
 しばらくその勘違いのまますれ違うといいです。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記342日目 


2008.01.20
Sun
09:20

 少女は、言葉に表せないほど美しく、そして優しく、母と自分を愛してくれる祖父が好きだった。
 祖父は、片方だけだが、力強い手も、うっとりするような美声も、全て心地よい。

「おじいちゃまはわたしのこと、すき?」
「大好きだよ、レプレ。愛しい私の孫」
「じゃあ、おじいちゃまはママンのこと、すき?」
「ああ、世界の誰よりも過去にいた誰よりも、未来に生まれる誰よりも愛しているよ」
「じゃあ、パパンは?」


 だから、自分が言ってはいけない言葉があるとは、知らなかった。


「ルッスー!! ルッスー!! こわいよー!! うぐっ! えぐぁ!! こわいよ!!」
「……そう、ついにこの世の恐怖の一端を知ったのね……逆鱗を知ったのね」
「おじいちゃまこわいよ!! こわいよ!! こわいよ!!」
「レプレ、落ち着いて、少し大人になったわね」


 それから、少女はしばらく「こわい」以外の言葉を発することができなくなった。 


「おい、テュール、大人げねえぞ……」
「はあ? 俺はなにもしてねえよ
 ただ、かわいいレプレに笑いかけただけだ」
「しらばっくれんな。殺意むき出しにでもしたんだろ……レプレはただでさえ敏感なのにお前の殺意くらったらトラウマだ!!」
「……俺は、クソガキがレプレの親父だなんて、認めてない……」
「あー……はいはい、傷ついたのは自分だって言いたいのな……」



 大人じゃない少女と大人気ない化け物。
 孫には優しいけど、孫の父親には優しくない。
 この後、「おじいちゃまこわい」っと、合うたび震えて泣かれます。
 でも、スクで慣れてるので平気。
 変わらない愛情を注ぎます。
 爆弾発言も、祖父の前ではナリを潜めるようになりました。
 怖いものなしが、怖いものありに……。



 日記は早めに書いておくべきだと常々思うのですが、ついつい忘れて遅くなります。
 というか、二回に分けず一気に書けば一気にばっと出せるのに、二回に分けるから忘れるんですよね。
 忘れっぽい自分が憎いです。
 
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記341日目 


2008.01.19
Sat
23:07

「ママン、パパンのこと好き?」

 そう聞けば、ママンは笑った。
 すごく優しい、私でもドキドキしてしまうほどキレイな笑顔。
 その笑顔だけで、全部伝わってしまって、私は何も言えなかった。


 たぶん、実はパパンよりママンの方が手ごわい。



 笑顔は白い剣帝仕込です。
 パパンはKIAIいれてくれればどうにかなりますが、部下として徹底的に体に忠誠を叩き込まれたスクは中々難しいと思います。
 レプレちゃん、実はパパンしつけるよりも、ママンしつける方が重要なんじゃ……?
 ちなみに、レプレちゃんはパパンの血でママンにたまにすごくドキドキします。
 ママンってすごくキレイ!! って思ってます。
 実はスクってボンゴレキラーじゃ!(ないない) 


「なーんだ、毎日更新って結構簡単だね!」
「ですよね!」

 っと、2週間前に言っていたメル友のお友達の方が、

「毎日更新してる奴は化け物、間違いない」

 とか言い始めたのには、いったいどんな心境変化があったのかすごく聞きたかったです。
 なにがあったんでしょう?
 なんか、私の周り、こういう人多いような?
 まあ、毎日更新は大変ですが、できないことはないような……?
 日記だけでも、っとか、小説をすごく長く書いて一気にアップの人じゃないなら、いけそうな気もするんですがねー?



 この日記、下書きに入ってました(笑
 朝自重(涙
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記340日目 


2008.01.18
Fri
13:07

 いつから気づいてた、なんて聞かないで。
 ずっと前から、最初っからなんて言うわけないじゃないの。
 今さっき、貴方がそう言ったから気づいたわ。

「いつから気づいてたって、ベタよね」

 騙されたって顔しないで。
 私だって、さっきまでずっと貴方に騙されていたんだから。



 ビアンキとなにかを書きたかったはずなのに、なぜか忘れました。
 私の頭は大丈夫なのでしょうか。
 うーん。
 ビアンキは、リボビアとか、シャマビアとか、一回転してディノビアなんか好きだったりします。
 ディーノはきつめの美人で強くて人に懐きにくいのに一途でまっすぐなタイプが好きだと思います。そう考えるとビアンキとスクは同じ属性だなっと。
 まあ、しかし、短文はディノビア、かな……?
 なんでビアンキを書きたかったのかもわからなくなってきました。いい女が書きたかったような……?
 でも、いい女ってどう書けばいいかわかりません。
 おんにゃのこの日が私を狂わせたのってことで!(おい)
 でも、不敵に笑う女性っていいですよね。
 
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記339日目 


2008.01.17
Thu
07:07

「それは聞けないね。ドン・ボンゴレ」

 白く美しい男が、目の前の少年に告げる。
 少年は人の良さそうな幼い顔を困ったように苦笑させ、どうしてもですかっと聞き返した。

「どうしても、だよ」
「ですが、俺たちにはあなたの力が必要なんです」
「ドン・ボンゴレ、わかっているはずだ。私を動かすならば私のかわいいかわいい息子を出すべきだと」
「ええ、最初はそう考えました……ですが、ザンザスさんににらまれたら……」
「私に睨まれても怖くないと?」
「いや、怖いです。すごく、逃げたいくらい……」
「ならば、話はここまで。私を動かせないならば意味が無い」
「……できれば、この手段は使いたくありませんでした」
「なんだい、力ずくでくるかい?」
「いいえ、ある意味……力ずくよりも、みっともなくて……あなたの誇りを傷つけるやり方です」
「ほう、やってみなさい」
「でひゃ、遠慮なく」

 少年は、ポケットから携帯を取り出した。
 困ったような顔でそのまま耳に当て。

「シャマル、頼んでた昼食だけどね……お客様が帰るから、いらないみたい。俺たちだけで食べよう」

 美しい男の表情が、急に強張った。
 笑っている、笑っているが、まったく笑っていない。

「残念です。交渉成功の暁には、一緒に御食事でも、っと思ったのですが」
「……それは、誰に習った交渉法だい?」
「父に……」
「覚えとけ、お前も、クソ家光のやつも……」
「ええ、この交渉がまとまったと、きっちり覚えておきます」



 たまには、弱い立場のテュールを書きたくなりました。
 家光もやったんかい。
 うちのテュルはシャマルの料理を食べるのが、嫌いじゃないです。
 それなりの餌になるくらいの価値はあり。それ+、シャマルが他に独り占めという状況が嫌いです。
 独占欲の強さを逆手にとる。
 ちなみに、テュルは後、奈々さんにも弱いです。
 しかし、奈々さんに強いキャラなんているんだろうか。



 お知り合いの方が、特定の漫画とCPをいやにすすめてくるので不思議に思っていました。
 するとどうでしょう、不意に本音を漏らしてくれたのです。

「はまったら、サイト作って毎日更新してくれるかなって……」

 あっあたしの体(更新)が目当てだったのね!!(落ち着け)
 マイナーにスポットを!! 毎日読ませろ!! 妹に36がなんのことかバラすぞとかなんとか意味のないケンカ(というか一方的にまくしたてられた)しました。
 マイナーに共感してしまったので、読んだら、書きますと約束しました。
 はまるかは不明です。
 そもそも、まず買わないと……。
 サ●デー系は比較的そういう目で見ないんですが……。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記338日目 


2008.01.16
Wed
07:23

「泣いてください、今生だけの別れですから。
 どうか、今世の僕の目に、貴方の銀を焼き付けさせてください」

 ぽろぽろと、頬に透明な雫が落ちる。
 月のような銀の双眸から、雫が落ち続ける。
 それを、目を閉じて受け入れた。

「来世でお会いしましょう。来世でも、貴方の銀は僕のものだ」

 透明な雫が、顔に付着した血を洗い流す。 
 ぽたぽたと、色違いの瞳が閉じるまで、透明な雫は降り注いだ。



 骸スクが一つでは薄いを思って書いたら、なんだかよくわからないネタになった。
 しかも、骸死にネタです、すみません。
 でも、骸は屈指の死にネタしやすいキャラだって信じてます。
 後、いじめやすい。
 愛ゆえに!
 愛ゆえに!(そういやいいと思ってるだろ)
 後、骸相手だと、なぜかスクを泣かせやすくていいと思います。
 なぜかはわかりません。
 不思議!

 今生だけの別れだから、っというセリフは好きです。
 王バクでも言わせたい。 
 バクラに言わせたい。


 関係ないですが、レプレちゃんの友達にシャマルの娘とかひしひし出したい気がします。
 シャマルにちょっと似てる美少女で、テュールが好きだったらとか妄想。名前は「メルセデス」で。
 シャマルに応じて車の名前ですが、イタリアじゃなくて、ドイツ車です。ベンツ。
 純粋にテュールが好きで、あまりにも純粋すぎて逆にテュールが苦手なタイプだったらいいなっと。あるいは「シャマルと同じ顔が俺に好意を持っていると思うとはくほど気持ち悪いというか、3回吐いた」とか……(テュール様、キャラが崩れてます)
 メルセデスちゃんとテュールを同じ部屋にいれておくと、テュールがストレスで死にます。
 テュールはストレスを感じにくい生き物ですが、ストレスに非常に弱い生き物です。
 ある意味最強。
 テュールのキャラ崩れまくりで、癒しを求めてレプレちゃんとスクに会いに行くといいと思います。
 もう、メルセデスちゃんのせいで髪ぼさぼさ、目が死んでる、笑い方を忘れてるような。ストレスに本当に弱い。
 レプレちゃんとはすごく仲良しで。
 

拍手レス

22:16 RPGの傑作が一本作れそうですね(遠い目)・・・ボスと兎ちゃんは、果たしてクリアできるのか・・・頑張っ
敵が強すぎます、なんというか、スライムを倒すレベルで、大魔王と戦わなければいけないような……。
 いやでも、レプレちゃんが18になる前には、結婚する……予定?(おい)
 その前に弟か妹ができそうな……。

-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記337日目 


2008.01.15
Tue
12:06

 もしも、あの日に戻れるならば、今の全てを捨ててもいい。
 けれど、戻れないのならば、何一つ取りこぼすものか。



 執着しているのかいないのか。
 唯一つわかるのは強欲なのだろう。
 
 昨日日記書いた気まんまんでしたが、なんかよく見たら書いてませんでした。
 最近こういうこと多い気が……何か病院とか行った方がいいのかもしれません。
 いや、うっかりはほぼ生まれつきなので、問題ない可能性も……。
 記憶力の悪さは筋金入り………。
 今週ジャンプないの忘れててコンビニまで買いにいってしまった。 
 成人したというのにまったく直らない忘れ癖。
 もうだめでしょうか……orz 

 ツナ骸とか、山りょとか、なぜかそっち方面を書きたくなってくる今日この頃。 
 スクが足りません!! スクー!!


拍手レス

1/13

23:45 詰まる所、白父君を倒さない事には、兎ちゃんの将来の夢は・・・(汗)頑張れボス!明るい未来の為に!
大魔王テュールを倒し、そして、とらわれのお姫様スクアーロを倒さないといけません。
 とらわれのお姫様が敵だったという大変斬新なシステムです。
 かっ勝てるのか……ボス!! 
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記336日目 


2008.01.13
Sun
19:32

「俺はよう」
「何?」
「昔白雪姫が大嫌いだったんだ」
「はあ、なにそれ?」
「だってよ……」


 白い雪の上、落ちた黒炭、流された血。


「まるで、親父みたいだったから」

 白い雪の上に黒を二つほど落とせば、恐らく彼に似ているだろう。
 彼は、それほど白い存在だった。
 肌も、髪も、服も、微笑みも、そして存在さえ白かった。
 目も眩むほど白く、そして冷たい美しさ。

 そこに、返り血を浴びせれば、まるで残酷な御伽噺。



 白雪姫が嫌いとか考えて、スクだって黒服に返り血浴びせたら白雪姫カラーだよなっと。
 でも、スクは銀だし、ちょっと違うと考えてみる。
 しかし、少々分の書き方を買えてみて玉砕。
 どうすればいい感じにかけるのかわからない!!
 年中スランプというよりも、年中駄文書き。
 どうして成長できないのか。
 むしろ、退化している気がする……。おいおう……(謎の泣き声)
 まあ、仕方ないか!!
 ぐちぐちしても仕方ないので、がんばって書きます。

 次辺りはレプレちゃんとおじいちゃんを書きたいですが、捏造ばっかりはどうだろうか。
 いや、テュルも捏造なんですがね。

拍手レス

1/11

21:30 スクの見事なまでに華麗な鈍さは、やはり白父仕込みですか!良いんだか悪いんだか・・・
白い祖父的にはよいことですが、レプレちゃんとパパンには最悪です。
 他にも、色々都合の悪いことを吹き込んだり躾たり、ルッス使ってそうな……。
 RPGで言うなら、ラスボスクラスの強敵……倒せるのか……。

-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記335日目 


2008.01.12
Sat
12:24

 日記消えた……。
 気力復活したら書き直します……。
 あうあう……。
 あっ今日も5時半くらいから恒例チャット予定です。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記334日目 


2008.01.11
Fri
07:38

「死ぬのは怖くありません、眠るのは恐ろしいです」

 銀色の膝の上で少年は嘯く。

「なんでだあ?」
「生きてるからです」
「生きてるのが、怖ええのかあ?」
「ええ、恐ろしいです。生きてるならば起きなければいけない、生きていかなければいけない、それが、恐ろしい」
「でもよお、テメエは日本で言うりんねてんせー?とかしてるんだろ。なら、死んでも生まれたらおきたのとそうかわらねえんじゃねえか?」
「だからこそ、もっと恐ろしいのです」
「?」
「だって、眠っている間に貴方がどっかにいってしまうかもしれないじゃないですか。生まれ変わるという事は、私が貴方から離れるということです。ですが、貴方が私から離れるというのは、なにごとにも耐え難い、恐ろしいことなのです」

 少年は、そうっと銀の長い髪を掴む。
 これで、離れられないとばかりに。
 そうして少年は、目を閉じて寝たフリをする。
 額に当る唇の感触に、少しだけ目を開けた。

「魂ごと、連れて行けたならば、安心できるのですが」



 自分で捨てるのはいいけど、捨てられるのは嫌な骸。
 骸スクを言われたので。
 短文以外だといつ書くかわからないので、保険として短文に……。
 いつかきちんとした形で書きたいです。
 
 リクエストも、短文の形でいいならすぐ書けるからリクエスト受けやすいんですがねー。
 まあ、しかし、皆様ちゃんとした形で見たいでしょう……。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記334日目 


2008.01.10
Thu
13:06

 声に出さない想いなど、ないと同じなのです。
 つまるところ、気づいても相手に声に出さないならば言わないでおいてあげる。
 それが俺の優しさなのです。

「私ね」
「なに、ウサギちゃん」
「ツナが一言パパンとママンに言ってくれたらっていつも思うんだけど」
「ウサギちゃん、大人の優しさって知ってる?」
「大人のやらしさなら」
「おーい、誰ですかー、ウサギちゃんに変な言葉教えたのはー」



 スクも出ないし、その他カテゴリとしてのツナとレプレちゃん。
 たぶん、中学から2,3年後くらいで。
 10年後じゃないです、さすがに10年後は……ね? さすがにね、あれだけスクが人妻オーラ出してますしね。
 うん。
 ははははははは。



 がっがんばれレプレちゃん!!


 そろそろ、レプレちゃんとか7人とか捏造が激しいので、そこそこ通常モードに直そうかなっと。
 しかし、このサイトの文章自体全部捏造なんで、どうにもこうにも。
 まあいいか。


拍手レス

1/9

23:46 スクが籍を入れてくれない一因に、某白い父君があるやも・・・と考えてしまいました・・・
正々堂々真正面から暗躍してますね、必ず!
 というか、鈍さとかも某義父が小さい頃仕込んだのかもしれません!!
 レプレちゃん、君の最大の敵は必ず身内だ!!

-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記333日目 


2008.01.09
Wed
07:48

「レディ・テュール含めたテュールどもー、なぜか俺が飯作らなきゃいけねえからリクエスト聞くぞ」
「できれば、俺はあっさりしたものが……」
「グラタンがいいわ!」
「煮込みハンバーグネ!!」
「わしはカツ丼がよいのう」
「満漢全席だな」
「お前らな、統一しろ、つーか、満漢全席なんて作れるか!!」
「なんでもいいけど、デザートにゼリー系が欲しいわね」
「了解、レディ・テュール」
「ちょっと、[色欲]のだけ即答はずるいわよ!!」
「そうネ!!」
「うるせえ、自分たちの性別考えてから物言え」
「オトメ」
「おい、テュール、お前はなに食いたい? ああ、もう、お前の言葉がテュールどもの総意だろ」
「なんで無視するのよ!! シャマルのばかばか!!」
「俺か……そうだな、なんでもいいんだな?」
「無理じゃなければ」


「じゃあ、シャマル」


「…………」×7
「シャマル」
「…………あのなあ、テュール……」
「なら、わしもシャマルじゃのう!」
「はぁ!?」
「[怠惰]のの意見はテュールの総意だ。ならば我らの総意は決まった。シャマルだ」
「あら、じゃあ、あたしもシャマル」
「勿論[怠惰]のに逆らう理由はないネ」
「え……あ、じゃあ、シャマル……」
「お前は空気読むな!!」
「じゃあ、私もシャマルかしら」
「喜んで、レディ・テュール」
「あら、いいの」
「美しい女性のためなら!!」
「じゃあ、私は肩肉いただこうかしら」
「そっち!?」
「あたしハラミー」
「タンネー」
「ちょっと待て!! 俺は焼肉かー!!」



 7人書くと、会話だけで長くなります。なるべく短くまとめつつ七人出せないものか(無理)
 というわけで、7人のテュールシャマルいじり編。
 皆シャマルのこと、口で言うほど嫌いじゃないです。ただ、皆大好き公称:テュールを独り占めされてるようでむかつくだけです。
 後、あんまり遊んでくれないから&いじめるのが好きだから。
 そもそも、私は3人以上書くの苦手です……
 どうやったらキャラをいっぺんにたくさん出せるのか。
 そういうさじ加減の上手な人は羨ましいです。
 何人かに分けるのもありだと思いますが、あくまで7人でテュールだからついつい……。
 時間的にはスクがやってくる前。


拍手レス。

1/8

20:08 兎ちゃんの将来の夢に、思わず涙が・・・っ!!頑張れボス根性出してプロポーズだ!
自分のためにも娘のためにもがんばってほしいところ。
 一歩を踏み出せればいいのに、中々出せないから……。
 幸せになってほしいところです。


21:00 ここの骸スクが大好きなんです・・・!だから骸スク書いて欲しいです!(図々しい
骸スクお好きですか!?
 はわわ、嬉しいお言葉ありがとうございます!!
 骸スク、少しがんばってみますね。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記332日目 


2008.01.08
Tue
12:06

「大きくなったらなにになりたい?」
「パパンの戸籍上の娘!!」



 ルッスとパパンが泣きます。
 中々スクが籍をいれてくれません。
 ボスは中々プロポーズできません。
 このまま10年後までスクは内縁の妻的存在になりそうで恐ろしい。
 しかも、弟か妹ができてしまいそうで恐ろしい。
 パパンとママンは早くくっついてください。
 子の心親まったく知らず。


 たまに思うのですが「ここで○○にはまった!!」って方いますが、マイナーはともかくメインCPの名前を出される方はどうやってこのサイトにたどりついているのでしょう。
 普通興味のないCPとか私のような文章が汚い人間のサイトなんて普通はスルーですよね……。
 不思議。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

7人の義父 


2008.01.07
Mon
13:04

 スクアーロと7人の義父。
 テュールが7人いるというとち狂った設定です。
 少々変なところや、グロ要素あり。
 管理人が楽しいというスタンスで書いております。

-- 続きを読む --

category: 短文

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記331日目 


2008.01.07
Mon
11:10

「管理人は本誌でお兄さんがなんか頭よさげにしゃべっていることに多大なダメージを受けて再起不能中です。
 「りょったんはもっと頭悪くないとやだ!!」とか頭の悪いことをほざいています。
 えーっと、お詫びに骸にひどいことをします」
「なっなんでですか!?」
「うるさい、俺もストレスがたまってるんだ!!」
「貴方の事情じゃぶふっ!?」
「まずは一発……」
「ちょっと待ってくださひい!!」
「二発……とりあえず、除夜の鐘の代わりに殴っておこう」
「除夜の鐘ってもっもしかして108発ですかぁ!?」
「YES,YESYES!」
「なんでJ0J0ネタなんですぐぇ!! わかりにくいでsぐお!!」
「それは、管理人が色々逃避したいからだー!」



 骸のこと、嫌いじゃありません。
 いっそ好きです。だいすきです。
 でも、好きな子はいじめちゃいたいタイプなんですよ。
 別に「これはクリリンの~」とツナのセリフを迷ったなんてそんなことはないです。
 いやあ、名作には名言っていっぱいありますよね?
 J0J0、おもしろいですよ。

 頭のいいりょったんなんてりょったんじゃないやい……イジイジ
 あんなりょったんじゃ、山本の気持ちに気づいちゃうじゃないか!! いや、あのキャラで気づかないというのもおいしいんですけどね!(どっちだ)
 そして、あんまり説明役にまわるとりょったんがかなりエアリーになるので、簡便してください。
 りょったんエアリー反対。
 でも、なんだか雲雀みたいに「ここは任せて先に行け!!」キャラになりそうで怖いです。
 ところで、雲雀のところに瓜が言ったのは雲獄ですよね……(こいつ結構元気だぞ)
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記330日目 


2008.01.06
Sun
21:36

 テュールに絵の才能はない。
 ただ、絵を上手に描くことならばできる。

「あまりにもスクアーロにあいてえからスケッチブック全部スクアーロで埋まった」
「へえ……あいかわらずうまいも、ぶっ!?」
「どうした」
「なんでこのページを境に全部コスプレしてんだ!!」
「着せたいなって……」
「…………」
「後、最後のページ見ろよ」
「は?」
「お前のネコミミ絵描いてみたわ」
「うおりゃあああああ!!」

 破かれたページがまるで雪のようにちらばった。



 何をするにも、嫌がらせを織り交ぜるテュール。
 テュルは、模写とか、写すことはできるけど、誰かを感動させたり、目を引き止めるよう絵は描けない。多少の応用はできても、オリジナルも描けない。
 そろそろスクにあわせてあげたいですね。
 お孫さんとかにも。
 婿は一生認めません。
 
1/5
0:19 頑張れ兎ちゃん! 二人の行く末は、君の核爆弾並の発言と行動に掛かっている!・・・ハズ
兎ちゃんはいつでもがんばってます!!
 でも、がんばりをなんとかできないパパンと、がんばりに気づかないママンは強敵です!!
 ここに、祖父も混じったらどうなるのか……想像だにできません。


15:32 雰囲気は、『ふいんき』ではなく『ふんいき』が読みですよー(日記の※2より)
えっと、ネタでつっこんでいただいたのかもしれないので、まず一言、ありがとうございます!
 もしも、ネタでなければ、ちゃんと雰囲気がふんいきだと知っていますよ?
 それを含めて、私の小説のダメさや雰囲気の読めなさ(KY)を皮肉ってるいるのです。
 一応、そうかいてあるんですが、わかりにくいですか? わかりにくいなら、また書き足します。

-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記329日目 


2008.01.05
Sat
07:30

 私、思うの。
 私もパパンと一緒でたまにすっごく、知らないことが、人の心がわかるの。
 だからね、そこで私たちは止まってしまう気がするんだ。
 他の日とはね、ママンとかルッスとかベルとかマモとかレヴィとかみんなみーんな、知ろうとわかろうとがんばるのに、踏み込むのに、私たちはすぐ立ち止まっちゃうから知ってるけど、わからないの。
 満足しちゃうの。
 だからね、私たちはなんでも知ってて何もわからないんだって。
 パパンは、ママンがパパンのことすごく、すごくすきだって知ってるでしょ?
 あれ、パパンどうして逃げるの? 私が話してるから逃げちゃだめ!!
 私は知ってるもん。口にしなくても、見てれば、大好きだって、知ってるもの。ルッスが言ってたけど、ママンは私じゃなくてもわかるくらい、パパンのこと大好きなんだけど。
 でも、パパン、そこに満足してない?
 ママンがパパンをすきだってこと、離れないってこと、知ってて、安心してない?
 睨んでもだめ、私は怖くないもの。
 ねえ、安心してないなら、パパン、言って。
 ちゃんと、声に出して、私に教えて。
 パパンも、ママンのこと好きだよね? ねえ、パパン。
 誤魔化しちゃダメ。許してあげない。大事なことよ、パパン。


「……愛、してる」


 万感の、想いを込めた言葉だった。
 たった数文字で、少女の心が温かくなるような、そんな強いもの。
 少女は、輝くように笑った。思わず、彼も笑うほど、嬉しそうな愛しい笑顔。
 その銀の髪を撫でる。少女は、撫でられたのがよほど嬉しいのか小さく声をもらして笑う。

 なぜか、嫌な予感がする。

 赤い瞳が、しっかりと彼をとらえた。
 服の裾をぎゅっと掴む。 
 それだけならば、ひどく愛らしいというのに、なぜか彼は嫌な予感がしてたまらない。
 少女は、無邪気に口を開いた。
 


「じゃあ、次はママンの前で!!」



 私に言えたんだから、ママンにも言える!
 


 逃亡直前なボス。
 いや、ここで踏ん張ればレプレちゃんにも戸籍上ちゃんとした父親が!!
 ちなみに、うちのレプレちゃんにも超直感があります。
 ボスやツナほど強くない&ごく稀なので、ちょっと人より勘がいい程度ですが。
 だからこそ、ボスのこと色々わかるときもあると。
 でも、空気は読まない。
 きっと、読んでたらママンとパパン一生くっつかない!! きー!!
 なのでしょう!!
 なんという親思い、がんばれレプレちゃん!!

 しかし、レプレちゃんの意外な人気には驚きます。
 テュールも驚きましたが、このビックリ箱のような祖父と孫はきっと今年もがんばってくれると思います。
 まだ二人が一緒にいる話は書いてませんが、祖父孫はばっちり会ってます。しかも祖父はメロメロ気味。そして、レプレちゃんは「おじいちゃま」って呼んでます。勿論、テュルが呼ばせました。
 レプレちゃんとテュルシャマコンビも書きたいですね。
 ディノとレプレちゃんのコンビもちょっと書きたいですが。
「俺とか、レプレちゃんのパパンになれないかな?」
 とかちょっと聞いたら
「無理!!」
 っと笑顔で言ってくれます。 
 レプレちゃんはまだ見ぬパパンも大好きです。目覚めて出会う前から、好き。もうこれは遺伝子だ。


 昨日は、親のせいでほぼなにもできませんでした。
 まさか、30分しかつつけないとは思いもよりません。
 ネット中毒で手がぷるぷるです。
 30分じゃサイトめぐりも日記もどっちか片方しかできない……グフグフ。


拍手レス。

1/3

20:21 最近兎ちゃんに夢中です。もしリング戦観戦するとしたらやはり質問だらけなのでしょうか?
意外と、戦闘面に関してはなぜか超直感がバンバン出て説明しなくても理解してるかもしれません。
 誰が負けるとかもなんとなく(あくまで絶対じゃない)わかって、晴戦前に「ルッスいっちゃだめー!!」って泣いたり、チェルベっ子怖がったりするかもしれませんね。
  でも、質問はしそうです。「なんであのお兄ちゃん頭がパイナップ……」ゴホゴホ冗談です。


1/4

23:10 レプレちゃん大好きです。
ありがとうございます!
 今年もレプレちゃんも祖父ともどもがんばります。

 
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

日記328日目 


2008.01.03
Thu
07:53

 山本と雲雀さんと髑髏が初詣のよさについて切々と語り始めた。
 最初は意味がわからずぽかーんっとしてしまったけどなんのことはない。

「守護者全員で初詣行かない?」

 なんのことはない、俺は脅されていたのだ。
 まったく、せめて髑髏が骸であれば俺は一発殴ってストレスが解消できたのに。
 新年早々寒いし眠いし怖いし、ああ、なんで最悪な正月だろう。


「おお、いいぞ。ならば京子も誘うか」


 訂正!!
 最高の正月でありますお兄さん!!



 なんのことはない。
 本命を自分でつれないから他人を使っただけ。
 刃物や鈍器、涙をチラつかせての交渉は恐ろしいですね。
 

 そんなこんなで、やっと日記の通常更新再開。
 そして、気づけばもう3日……時間の流れ速すぎます。
 なんだか、お正月周辺は生活リズム崩れたので、整え中。
 がんばれ自分。 

 まあ、色々ありますが、改めて今年も、よろしくお願いします!
 とりあえず、なんとか今日中にリボを……。
 あうあう。
 拍手レス、一気返しー。

12/29
21:42 もう、ヴァリアーの隊員皆様は、『兎を愛でつつ、ボスとスクを応援する会』の会員で良いと思います
兎ちゃんに和んでるヴァリアー隊員を妄想すると、子どもには勝てないという事が浮かびますね!
 みんな、兎ちゃんのために飴とかお菓子とか常備してそうな……。
 とりあえず、スクは速くボスに年貢を納めさせてあげてほしいですね。


22:18 このサイトの大ファンです。捏造大好きです。と、言うかここの世界観が大好きです。
世界観!?
 かっかつて二次創作サイトで世界観と言われたサイトがあったでしょうか?
 ちょっと驚きましたが、嬉しいですvv
 これからも捏造がんばります!!


12/30
22:47 面白いですね、七人のテュール。ぜひスクアーロとの絡みも読んでみたいです!!
書くのが大変という点を除けば書いててもおもしろいです!!
 スクとの絡みもチマチマ書いているのですが、それぞれのテュールの特徴特性をいれると長くなるのが悩みです。
 努力しだい……。


1/1
21:42 拍手の兎ちゃん部屋是非とも作って頂きたいです!天然特攻爆弾兎ちゃん可愛過ぎだ!
拍手……? 日記のことでしょうか?
 日記作品もまとめなければと思いつつ中々できてない現状……。
 レプレちゃんは、今年も爆弾を投下してくれると思います。
-- 続きを読む --

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

新年早々、死んだ 


2008.01.01
Tue
04:35

 なんか、PCがぼんって言ったら、調整してた小説全部消えてた。
 あれ?
 あれれれれれれれ。

 私の天音ちゃんが消えたよ。
 巫女服の天音ちゃんが消えたよ。
 王バクが消えたよ。
 なんか意味わからないよ。
 小説はきえたよ。
 努力も消えたよ。
 私は不貞寝してさっき起きたよ。

 もう、書き直す気力もないから、新年一発目はゾークでも書きます。
 こうなりゃやけだ。
 そして、別のエロを書こう、もう、過去のエロは忘れるんだ……。
 あったくさんの拍手ありがとうございます。
 まったく新年を占う気のないおみくじはいかがだったでしょうか。 
 クスリとでも笑っていただければ本望です。
 一つだけラッキーなものも混じってます。
 


 リボはなんとか書きたいと努力中。
 消えてないですが、まったく進んでいないというのも現状。
 3が日内には……。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

あけましておめでとうございます 


2008.01.01
Tue
00:28

 無事、新年明けましておめでとうございます!!
 去年は、色々なことがありましたが、なんとか、今年もやっていきたいです。

 なお、ちょっと新年一発目の準備が片方すこーしできていなかったので、アップはちょっと遅れます。
 どうせならそろえたいので。
 もしも、そろえられない場合は、単独でいきます……。
 えっと、どっちが遅れてるかは、その、エヘ★



 末永いお付き合いになりますよう、お願いいたします。


 ※サロシンはネタサイトなんで、ネタを色々更新しました。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。