FC2ブログ

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

日記720日目 


2009.05.01
Fri
21:28

「てゅっくん」

 この世でたった一人、そう呼ぶことを許された女性は、真白な髪を撫でながら微笑む。
 彼は、その頬笑みをぼんやりと真黒な瞳で見つめながら、声を聞いていた。

「無理しなくても、大丈夫」

 優しい、やさしい声だった。
 染み入るように心に響き、誰の心も温める、そんな、平凡で特別な声。
 幼子にするように膝を貸し、ゆったりと落ち着かせるように、言い聞かせるように。

「大丈夫、てゅっくん、君も、すぐにわかるよ」

 わかるよっと、女性が言う。

「人を愛することを、わかるようになるよ」
「そうかい……」

 君が言うならそうなんだろうね。

「君は、いつも正しいからね、奈々」



 化け物が心を開くのはいつだって純粋な少女ですよね。
 奈々ママンとテュールを書きたかったのですが、なんか変なことになった……。
 前も似たようなネタを書いたような……。
 うん、とりあえず、恋愛関係じゃなくて、親子関係のような二人。 
 私も奈々ママンに膝枕されてよしよしされたい……。

 ちなみに、家光に見つかったら大ゲンカです。


 赤マルが速く欲しい……。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 日記721日目  | h o m e |  日記719日目 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://aimou.blog85.fc2.com/tb.php/1195-7389d995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。