FC2ブログ

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

日記728日目 


2009.05.09
Sat
06:59

「隊長」
「なんだあ?」

 にやにやと笑う銀髪の男に、蛙の被り物をつけた青年が仏頂面で言う。

「ミー、重いんですけど……」
「我慢しろお」

 男の言葉に、がくりと肩を落とし、青年は視線を自分のすぐ隣へと移した。
 見えるのは、金髪。
 ふわふわとした猫のような柔らかさが、肩にあり、ずっしりと体重をかけてくる。

「なんでミーが……」
「そりゃ、てめえがそのソファに座ってたからだろお?」
「訳がわかりません……」

 時間は遡ること数分前。
 ソファに座っていた青年と、仕事の話をしていた男のところに、今、肩で眠る金髪の男がずかずか入ってきたかと思えば、 自分もどかっと座ったかと思えば、いきなりひどい勢いで頭を肩に突っ込んできたのだ。
 痛みに悲鳴をあげかけた青年は、しかしその突然の行動に驚いて何もいえなかった。
 それから、金髪の男が言ったのは、ただ一言だけ。

「眠い」

 だった。
 疑問符を浮かべる青年を無視して、金髪の男は寝てしまった。
 最初は寝たふりかと思って色々おきていれば絶対にナイフで串刺しに違いない言葉をかけていたのだが、まったく起きる様子はなく、今も安らかな寝息を繰り返している。

「てめえが生意気な新人で助かったぜえ」
「ソファをお譲りしとけばよかったとミーは今、激しく後悔してます……」
「まっ、起こしたら絶対串刺しにされるから大人しくしてろお」
「絶対、起きたら「何王子の寝顔見てるんだよ」っと串刺しにされそうなんですが……」
「なら、それがてめえの運命だあ」

 笑い飛ばした男は、持っていた書類を青年に渡した。
 苦い顔で青年は書類に目を通す。
 そうしているうちに、男はくるりと背を向けた。

「まっ、それ目ぇ通しとけえ」
「ミーを置いてどこに行くんですか……」

 恨みがましい視線を背中に受けながら、男はいう。

「二人っきりにしてやるっつー意味にきまってんだろお?」
「!」
「仏頂面を読み取るのは、ボスで鍛えられてるんだぜえ?」

 反論の為に開かれた青年の口は、結局何かを紡ぐことはなかった。
 そのまま、男は扉を閉じる。
 書類を握ったまま、青年は金髪の男を見る。規則正しい寝息に、起きる様子は無い。

「……ずっと、もたれかかられると、ミーも重いし、体が痛くなります」

 言い訳のように、呟く。
 そして、できるだけ最小限の動きで体勢を変え、金髪の頭を膝に恐る恐る移した。
 途中、呻いたので起きるかと思えば、そのまままた眠りに戻ったらしく、反応は無かった。



「眠り王子は、眠り姫と同じ方法で起きるんでしょうかね」



 青年は、そっと、体を折る。



 フラベル……なのか……?
 って感じになりましたが、私のフラベル精一杯!!
 っというわけで、お待たせしましたが、花束の方に捧げます!!
 私の中で、フラベルって、やっぱりフラ→ベル色が強いです。
 導入にスクを使ってみましたが、スクはやっぱり10年後はボスの表情だって見透かせる熟年夫婦になっていると思います。おかげで、仏頂面の感情を見抜くのが得意だといい。

 果たして、眠り王子は起きたのか。



 しかし、ベルマモと、フラマモが書きたい気分になってきました。
 美少女マモを取り合うフランとベルとか、すごく……興奮します!!(変態



 早く寝たのに、気持ち悪さに深夜に覚醒。
 その後、20分ごとに寝ても起きて吐いてを繰り返しました。
 吐くものないと辛いから必死に水飲んで吐いてしてたら胃液まで出ました。
 これも、フラベルを書こうとする私へのマーモンの呪いとみた(ねえよ
 だって、仕事中と自動車学校ではまったく不調じゃなかったし……。
 っと、責任転嫁。
 本当になんだったんだろう。
 明日も体調悪かったら職場が病院なので診てもらおう。今は平気です。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 日記729日目  | h o m e |  日記726日目 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://aimou.blog85.fc2.com/tb.php/1210-72770de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。