FC2ブログ

09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

日記740日目 


2009.05.29
Fri
19:45

※ぬるい流血、残虐表現注意。



 辺りは一面、赤かった。
 赤い床、赤い壁、赤い家具、天井だけが飛沫のようにまだらに赤と白だというのが、ひどくおぞましい。
 立ちつくすのは、一人の男。
 まだ青年と言ってもいいだろう若さに、恐ろしいほどの美貌を持ち、赤い部屋の中で、一人だけ何よりも美しく、そして、白かった。ただし、ぽっかりと開かれた双眸だけが黒く穴のように開いている。
 赤に一つも汚れぬ白は、ただ、立って、待っていた。
 静かに、扉が開くのを微笑みすら浮かべて。
 どれだけの時間が経ったのか。

 そして、扉が開いた。

 入ってきたのは、青年だった。
 男よりも幾分幼さの残る、けれど男よりもがっしりした体格を持っている。
 まず、飛びこんdな部屋の異様さに絶句し、次の瞬間、苛烈な怒りを宿した。
 向けられるのは、男。
 ただ一人、きれいな男だ。

「何人」

 憎しみすら混じる声で絞り出すように呟く。
 苦しくて、苦しくてたまらないと言いたげに、男の足元を見た。
 赤。
 赤い、死体。
 どうすればここまで赤くなるのか。
 どうすればここまで人の血を体から絞り出せるというのだ。

「何人殺した」

 はは、っと、男は高らかに笑い声をあげた。
 楽しそうな、しかし無感情な笑い。
 何がおかしいと問う青年に、男は言う。

「いくら私でも、こんな殺し方なんてできないよ。私の専門は切ることだ、見せしめで切るにしても、これはさすがに無理だ」

 ははははは。
 笑い声が、響く。



「一人も、殺してないよ」



 嘘をつくなと。 
 青年はいいかけてやめた。
 男が嘘つきだと知っていたが、この言葉は嘘ではない理解してしまったのだ。
 嫌な予感が青年を襲う。
 まさか、そんな、ありえない。

「いきなり、だよ」

 男が笑いながらと呟く。

「私が殺してやろうとした瞬間、血をね、全員が吐いたんだよ。さすがの私もびっくりして見ているうちに、耳からも鼻からも毛穴からも血が吹き出して、全員勝手に死んだんだ。
 避けるのが大変だった、この部屋の様子を見ればわかるだろ。
 なんてことだろうね、まるで、全員が同じ病にかかっていたかのようだったよ」
「違う」
「私はまだ何も言ってないよ」
「違う、あいつは」
「私はね、完全に把握してないんだが」
「そんなわけがない!!」
「あのクソ野郎の持病にそういうのがあるんじゃねえか?」
「あいつは……!」

 青年の喉が詰まる。
 何も言えない。
 戸惑いの表情のまま、動きを止める。

「標的が被ったのは初めてだけど……なるほど、本来はこうやって使ってんのか、おもしれえ」

 男が、笑い続ける。
 面白いと言ったというのに、愉快さなどそこには一つもない。
 黒く染まり変わっていく部屋の中、男はやっと動きだした。
 立ちつくす青年をおいて、扉をくぐる。

「次、シャマルに会うときお前はどんな顔をしてるんだろうね、家光」

 美声が、追い打ちをかけた。

「お前にとって邪魔だった仲間を全員ぶっ殺したシャマルに、どんな顔で会いやがるんだ」

 ははははは、笑い声は、いつまでも青年の耳に残った。



 久々にひどい文章を書きたくて。
 これはひどい。
 シャマルだって、フリーの殺し屋なんですよね。
 うちのは医者のシャマルが強いので、こういうのはめったに書かないのですが。
 まあ、たまにはってことで。
 こういうこともあったって、おかしくないんですよね。
 シャマルの真意は別にして、家光いじめができたテュルは結構ご機嫌です。


 最近、2日に一度更新になってきた!!
 挽回したいです!!

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 日記741日目  | h o m e |  日記739日目 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://aimou.blog85.fc2.com/tb.php/1234-c59165df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。