FC2ブログ

07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

日記760日目 


2009.06.26
Fri
19:08

 ぱんっと。
 乾いた音が響いた。
 周囲の空気を凍らせて、白い少女は微笑んだ。
 愛らしい笑みだ。 
 ふわふわとした外見によく似合う、けれど、その瞳の赤に似た苛烈な印象を与える。 
 美しいというのは、後、2,3年はかかるだろう。
 だが、決して自身の掌すら赤く染めるほど強く相手のほほを叩いたようには見えない。

「ごめんなさい、雨の守護者さん」

 自分よりも長身の、ほほに赤い手形を残した男を微笑みの形のまま、睨みつける。

「私、手袋を持ってないから、直接叩いて決闘を申し込むしかないの」

 男は、驚いた顔を、ゆるい笑みに変えた。

「スクアーロ」
「なんだあ」

 振り返らず、背後の女に声をかける。 
 少女によく似た、けれど、こちらはかなり荒々しく鋭い印象を受ける女だった。
 その凛々しいというには釣りあがりすぎた目は、笑っている。
 目の前で、自らの娘が男のほほを叩いたというのにだ。

「鮫の娘が兎っていうのは、ずっとおかしいと思ってたのな」

 でも、納得した。
 嬉しそうに、まるで、姪でも見るような雰囲気で。
 少女は、自分の発言が取り合われていないことにむっとした。

「間違いなく、鮫の娘なのな」

 女は、肩を震わせて笑う。
 まるで、その通りだと言わんばかりに。

「だけど」

 次の瞬間。
 少女は、思わず逃げた。
 ゆるい笑みを浮かべて、ただ立っているだけの男から。
 武器一つなく、指先すら動かしていないというのに。
 本能が、震える。汗が、ほほを伝った。こんな気分に陥ったことは、少女はほとんどない。 
 戸惑い。無意識に、戦うのはでなく、逃げる為の準備を体がしてしまう。

 敵わない。

 少女は今、高見との現実を突き付けられた。

「まだ、子兎なのな」
「甘やかされてんだあ。それくらいにしてやれえ」

 母親らしい言葉に、男は頬を打たれた時よりも驚いたような顔をした。
 そちらの方が、予想外と言いたげな表情で振り返る。
 女が、笑いを一転させて不機嫌そうにしっしっと、犬を追い払う仕草を見せた。
 男は、おもしろいものを見たとばかりに破顔。
 そして、もう一度少女を見る。

「まだ、俺は相手できないのな。敵意じゃなくて、殺意が出せるようになったら……」

 その時は。
 男は、そのまま少女に背を向ける。
 無防備な背だった。
 けれど、少女にはあまりにも、大きく、遠い。

「んじゃ、ま、スクアーロ、試合しようぜー」
「ちっとっとときやがれ」

 少女は、一人取り残される。
 追いかけることが、できない。
 あまりにも、少女と二人の間に、高い、高すぎる壁があったからだ。

「追いつくから……」

 言う。 
 それでも、ただ、ひらすら。

「追いついて、ママンの仇は私が討つんだから!!」

 ちらりと。
 男は少しだけ振り返る。
 その笑みに邪気やからかいはない。
 ただ、純粋に。

「待ってるのな」

 高見にいるものとして、応えた。



 レプレちゃんと、10年後(7年前後?)山本の妄想。 
 レプレちゃんは甘やかされてるから、まだまだ足りないものが多すぎます。
 それでいいと周囲は思っていても。
 決して、本人がそう思ってるとは限らない。 
 籠の兎はどう成長するのか!


 トップを7月には直したい。
 それが今の目標……。


某花束様へ。
サイト開設おめでとうございます!!
しかも、あんな捏造風バイをほめていただけるなんて本当に光栄でございます。
なんか、雲雀とは対極のイメージで書いたらああなりました。
不思議です……。
そして、すみません、今一時的にトップがないものですから色々手抜きしてました……。
こちらからバナーやリンクは見られます。
ウィルス落ち着いたらと思いつつ、いつ落ち着くのか……7月くらいにはもう復活させたいです。

category: 日記

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 日記761日目  | h o m e |  日記759日目 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://aimou.blog85.fc2.com/tb.php/1279-92254c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。